韓国語で「やめろ、やめなさい」と言いたい時。

状況に合わせて하지 마と그만해を使い分けますが、二つの違いは何でしょうか。

今回は韓国語の「やめろ」に関する表現について解説していきます。

はじめから何もしない「하지 마」

「-지 말다」を命令形にしたもの

禁止を表す文法-지 말다を使うことで、「やめろ」という文を作ることができます。

禁止というだけあって、最初から何かしてはいけないというニュアンスです。

남을 외모로 판단하지 마세요.
人を外見で判断するのはやめてください
어두운 곳에서 무서운 얘기를 하지 마요.
暗いところで恐い話しないでよ
식사시간에 핸드폰을 만지지 마.
食事中に携帯さわるのやめなよ

「携帯をさわるな」というのは、食事中に携帯を見ることを最初からよく思っていないからですね。

いつ注意するかが重要ではなく、どうしてほしくないのかがポイントです。

「-지 말아요」と「-지 마라요」どっちが正しい?

-지 말다の使い方に-지 말아요-지 마라요があります。

내 친구를 욕하지 말아요.
友達を悪く言わないでよ
강의 시간에 졸지 말아요.
講義の時間に寝ないで
9시까지는 깨우지 마라요.
9時までは起こさないでください

文型がややこしくなる人もいるかもしれませんが、実はこれどちらでもいいんです。

あまり気にせずに好きな方で表現しましょう。

全部で「-지 마요」はいくつある?

-지 말다を命令文として使う時にㄹが脱落する時もあれば、しないこともあります。

ㄹが脱落するとどうなる?

ㄹが脱落しない ㄹが脱落する
-지 말아요 -지 마요
-지 말아 -지 마
-지 말아라 -지 마라

ㄹが脱落しなければ-지 말아라になり、脱落すると-지 마라ですが、これもどちらを使っても問題ありません。

ただ会話ではより短い表現を使う傾向にはあります。

これ以上は何もしない「그만해」

「やめろ、中止しろ」という命令

今までしていたことを「やめる、中止する」という意味の그만하다を命令文にして使いますす。

中止を促す表現なので、基本的には何かをやっている途中で話しかけることになります。

농담은 그만하세요.
冗談はほどほどにしてください
짝사랑은 이제 그만해요.
片思いはもう終わりにしなよ

誰かにこんな感じのことを言えば、もう「その人のことは諦めなさい」というニュアンスになります。

게임은 이제 그만해라.
ゲームはそのくらいにしなさい

他にもケンカの仲裁に入る場合は「これ以上争うのはよせ」という意味になるので、그만해を使います。

하지 마が「No」なら、그만해は「Stop」です。

하다以外の動詞でも使い方は同じ

やめろは「그만+動詞」の形でも使うので、하다以外の言葉が入っても、動作の途中で注意することには変わりません。

TV는 그만 보고 얼른 자요.
テレビはそのくらいにして早く寝なさい

「これ以上~するな」という感じで、中断を促しているのがわかると思います。

また그만はこれまで習慣的に行ってきたことをやめさせたい時にも使うことができます。

살 찔테니까 밤에 아이스크림을 그만 먹어요.
太るから夜にアイス食べるのはもうやめなよ
의사 선생님 말대로 이제 술은 그만 마셔요.
お医者さんが言ってるように今後お酒はだめだよ

日ごろお酒を口にしている人に対して言うのであれば、これからはお酒を控えなさいというニュアンスになります。

ちょっと変わった「やめろ」もある

仕事や会社などを「辞めろ」と辞職を勧告する

하지 마や그만해以外で「やめろ」を表現するケースもあります。

이번 사건 니가 책임 지고 옷 벗어.
今回の騒ぎはあなたが責任取ってやめなさい

옷을 벗다には「仕事などを辞める」という意味があります。

これは制服やユニフォームを脱ぐことが辞職を連想させると考えれば、ニュアンスがつかめると思います。

회사에서 사표를 쓰라고 하는데 내가 왜 써야 하나요?
会社が辞表を書けと言ってるけど、何で書かなきゃいけないの?

사표를 쓰다は退職願を書くことが、そのまま仕事を辞めることにつながるからですね。

好きなものを「ひかえる」よう勧める

好きなものを我慢したり、ひかえる時の「やめる」には、끊다を使います。

다이어트를 한다면 단 거 끊어요.
ダイエットするなら甘いものやめなよ

끊다は甘いものだけでなく、お茶やコーヒー、たばこやアルコールといった「嗜好品」にも使える言葉です。

의사선생님이 담배를 끊으라고 하셨대요.
お医者さんにたばこやめなさいって言われたらしいよ

酒やたばこをやめろと言われるような「~と言われる」は受け身ですが、韓国語では間接話法を使って表現することになります。

いたずらやちょっかいを出してきた相手に「やめろ」と言いたい時は、最初から何もしてほしくないので하지 마を使うことになります。