接続詞は日常生活でもよく使う表現の一つです。

「もしくは、それとも」などもそうで、韓国語でも円滑な会話のためにはこれらを使いこなせるようになる必要があります。

今回は韓国語「もしくは、それとも」を練習してみましょう。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

『~でなければ、~あるいは』を表現する

二つのうちの「一つだけ」を表す

아니면は二つのうち「どちらか一つだけ」が成立する時に使います。

どちらか一つだけ成り立つ

①맥주를 마셔요.
ビールを飲みます

②소주를 마셔요.
焼酎を飲みます

①でなければ②
↓↓↓

③맥주 아니면 소주를 마셔요.
ビールもしくは焼酎を飲みます

ビールと焼酎を同時に飲むことはない

日本語なら「もしくは、あるいは」などの文に近いでしょう。

複数のものを表現してみる

使い方は名詞の後ろに아니면を入れるだけです。

내일 아니면 모래에 가는 게 어때요?
明日か明後日に行くのはどうですか?
저는 보통 아메리카노 아니면 카페라테를 마셔요.
私はいつもアメリカーノもしくはカフェラテを飲みます
여기 오면 파전 아니면 부추전을 먹어야 해요.
ここに来たらパジョンあるいはニラチヂミを食べるべきですよ

아니면自体は難しくなくても、名詞にどんな言葉をつなげるかによって、文全体の難易度が変わってくるのが特徴と言えるでしょう。

공항에서는 지하철 아니면 버스를 타고 가면 편할 거예요.
空港からは地下鉄もしくはバスに乗って行けば便利です
어차피 그거는 아니면 아냐?
どのみちそれは一か八かじゃないの?
질문에는 ‘Yes’ 아니면 ‘No’로 대답하세요.
質問には’イエス’または’ノー’で答えてください

ちなみに「모 아니면 도」は윷놀이(すごろくのようなもの)で出た目によって進む数が変わることから、一か八かのような意味で使われます。

長い文をつなげて表現することもできる

아니면を使って、もっと長い文章をつなげることもできます。

저녁에는 피자를 먹을까? 아니면 햄버거를 먹을래?
夕飯はビザを食べようか?それともハンバーガーにする?
설거지를 할까요? 아니면 청소를 하면 돼요?
皿洗いしようか?それとも掃除をすればいい?
일단 맥주를 시킬까? 아니면 소주부터 주문할까?
とりあえずビールにする?それとも焼酎をまず頼もうか?

こういうのは아니면が接続表現だからこそ作れる文と言えます。

집이 회사에서 가까운 게 좋을까? 아니면 근처에 마트가 있는 게 나을까요?
家が会社から近い方がいいかな?それとも近くにマートがある方がいいかな?
하기 싫으면 “싫어요” 아니면 “저는 못 해요” 그렇게 대답하면 돼요.
嫌なら「嫌です」あるいは「私にはできません」そう答えればいいですよ
가격을 알고 싶으면 “이거 얼마예요?” 아니면 “이거 얼마입니까?”라고 물어보세요.
値段を知りたいなら「これいくらですか?」あるいは「これいくらですか?」と聞いてください

아니면を使いながら、複数のプランを提案するような練習してみるのもおすすめです。

最初は名詞と使うことから始めて、だんだん文章をつなげられるようになっていきましょう。