気になるKOREAN(気にコリ)を訪問していただき、ありがとうございます!

「気になるKOREAN」って?

ブログ管理人

韓国語講師でもある管理人うぉんぎが、韓国語を教える傍ら運営しているサイトです。
もともとは生徒から受けた質問などに対する回答をまとめ、シェアするために始めたものですが少しづつ訪問者が増えてきました。

サイトの名前は韓国や韓国語(KOREAN)に関して、みんなの気になることや知りたいことを書いていこうという思いから「気になるKOREAN」と名付けました。

サイトを通して語学学習のノウハウや韓国語学習のポイント、さらには韓国の文化などをできる限りわかりやすく解説していきたいと思います。

サイトの活用の仕方

初心者は基礎知識の強化から始めてみよう

気になるKOREANは初めて韓国語を学ぶ人(文字から覚える人)向けに作られてはいません。

そのためまずは市販の教材などを使って、最低限ハングルは読めるようになりましょう。

また文字が読めるようになったばかりの初級レベルの人は「基礎文法の復習ができるページ」から読み進めていくのがおすすめです。

目に優しい「ダークモード」で閲覧できます

気になるKOREANでは夜遅い時間帯などにサイトを利用する方向けに、目に優しい「ダークモード」による閲覧が可能です。

ライトモード時の画面

ダークモードの時の画面

画面左下にあるボタンを操作することで、切り替えができるようになっています。

韓国語がうまくなりたい人に!

韓国語が上手くなりたい人、少しでも話せるようになりたい人は、日ごろから次の点を意識してみましょう。

韓国語学習の心得!

1、教科書にルビはふらない
文字はその言語の音を「目に見える形」で表したものなので、韓国語の発音はハングルでしか表せない。変な発音が癖になったりもするので、ルビは絶対にふらない!

2、口を動す
単語や文法の正しい意味を理解することは必要だが、意味を理解しただけで終わってしまうと「書けるだけの人」になる。語学も体(口)で覚えないと、話せるようにはなれません。音読でもなんでもまずは口を動そう!

3、何度も繰り返す
1回練習しただけで覚えられる「天才」はひと握りだけ。うまくなりたかったら、数をこなすしかありません。地味な練習ほどつまらないがやるしかないのである!

4、翻訳機に頼らない
最近は精度の高い翻訳機がたくさんあり、ちょっとした文章なら機械で簡単に作れてしまいます。しかし翻訳機にばかり使っていては「自分で文章を考える力」は身に付きません。機械に頼るのは電卓だけにしておきましょう。

地味な勉強ほどつまらないし、効果を実感しにくいものですが、それをやらないことには前に進めません。

少しづつでいいので、コツコツ勉強しましょう。

サイトの記事について

人によって言葉の意味やとらえ方に違いは出るし、講師によっても教え方は異なります。

このサイトに書かれている説明がすべてではなく、あくまで「考え方の一つ」として参考にしていただけたらと思います。

※本ブログの内容を無断で転載することは固くお断りしております。