되다は場面によって意味が変わる!状況に合わせて使い分けたいニュアンス

ニュアンスや意味

自分の意志とは関係なく「何らかの状態になる」というニュアンスを持っている되다。 되다を使った文は使用頻度が高い上に、場面によって意味が変化します。 今回は、되다を使った文のニュアンスにはどんなものがあるのかを、紹介していきます。

【解決する、心配する、緊張する】하다と되다で変わる単語のニュアンス

ニュアンスや意味

해결하다と해결되다のように韓国語には「하다と되다」に表現が分かれる単語があります。 その中でも特にややこしいのが「解決する、心配する、緊張する」の3つです。 今回は、これらの単語が하다と되다でどう変わるのかについて解説していきます。

韓国語は「自動詞と他動詞の違い」がわかると助詞の使い方を間違えなくなる

ニュアンスや意味

韓国語の動詞は、すべて「自動詞と他動詞」の2つに分けることができます。 自動詞と他動詞は「助詞の使い方」が異なるのが特徴で、これがわかると「이/가」と「을/를」も間違えなくなります。 というわけで、自動詞や他動詞の違いについてです。

韓国語で「~される」は?受け身の表現は5種類のパターンで覚えよう

文法

韓国語の受け身(受動態)は、日本人が苦手とする表現の一つと言われています。 日本語にも受け身はあるのに、なぜ韓国語だとわからなくなるのでしょうか。 受け身は「表現の原則」を押さえることが、理解する第一歩になります。

【できる、できない】可能・不可能の意味で、これだけは覚えておきたい表現

いろんな表現

何でもできる人をスーパーマンなどと呼んだりしますが、そういう人ってなかなかいないもの。 誰にでも、できることとできないことはあります。 今回は「可能、不可能」を表す表現で、使用頻度の高いものを集めてみました。

To the top