電車という漢字を韓国語で読むと「전차」です。

しかし電車のことを전차と言っても韓国人には通じないというのはご存知でしょうか。

韓国語では電車や地下鉄に対する語彙とイメージが日本語とは違うからなのですが、その理由などを解説していきます。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

日本人の鉄道に対する言葉のイメージ

韓国語でのニュアンスを理解するためにも、まずは日本語の関連語彙を整理してみましょう。

ただしここでは整理するというよりも、電車の類いの言葉を「こう定義します」という感じに考えてください。

レールの上を走る「列車、鉄道車両」

2本のレールの上を走る鉄道車両のことです。

「列」の漢字の通り、乗客を乗せた車両がいくつも連なり、列を作って走っていきます。

列車は電気で動く「電車」とエンジンで動く気動車の2つに分けることができます。

地上を走る「電車」と地下を行き来する「地下鉄」

電気を動力とするタイプの列車です。

屋根の上には車両が電気を得るためのパンタグラフといった装置が備え付けられています。

電車と言えばJR線のように地上を走るイメージで、地下を走るものは地下鉄と分けて呼んでいると思います。

ここでも地上を走るものを電車、地下を走るタイプを地下鉄とします。

地方のローカル線に多い「ディーゼル列車、気動車」

エンジンで動く列車で、ディーゼルエンジンを積んだタイプが一般的です。

電気で動くわけではないので、レールさえ敷かれていればどこでも走ることができます。

電線や集電装置などを設置するが必要ないので、地方のローカル線によく見られます。

またディーゼル列車のことを「列車」と呼ぶ人も多いかもしれません。

昔は長距離移動といえば「汽車、蒸気機関車、SL」

石炭を燃料とする蒸気機関で走るタイプで、機関車と呼ぶ人も多い車両です。

先頭車が後ろの客車やコンテナを引っ張り、遠くまで人やものを運んでいきます。

今はもうほとんど走っていないですが、蒸気機関車のことを汽車と呼んでいる日本人も多いと思います。

「汽」は蒸気を意味する漢字なので、汽車は蒸気機関車の略語とも言えます。

※機関車は先頭の動力車が2両目以降の客車や貨物車両を引っ張っていくものを指しますが、ここでは蒸気機関車を「機関車」とします。

日本の高速鉄道といえば「新幹線」

鉄道の中でも「高速で走ること」に特化して作られた車両です。

JR線のような一般的な電車とは規格が異なるので、新幹線とJR線が同じレールの上を走ることはありません。

新幹線でややこしくなる人はいないと思います。

韓国語の電車に関連した用語

日本語の語彙を整理したところで、ここからは韓国語の鉄道に関する語彙を解説します。

日本語とは使い方やニュアンスがどのように違うのかを見ていきましょう。

「KTX」は韓国の高速鉄道

韓国の高速鉄道はKTXと呼ばれています。

ソウルからプサンまでの約420kmをおよそ2時間45分で移動可能です。

座席は新幹線と比べると若干狭い印象があります。

ちなみにKTXは一般の電車と同じレールを使用しているため、通常の電車と高速鉄道が同じ区間の線路上を走ることがあります。

「기차」は長距離の移動に利用する列車

기차(汽車)といえば昔は蒸気機関車でしたが、現在はディーゼル機関車が運用されています。

コンテナはもちろん客車を引いて遠くまで移動するので、韓国で「汽車」というと長距離移動に使う列車という感覚です。

汽車は運行区間や所要時間などによって個別の名前があります。

무궁화호(ムグンファ号)
새마을호(セマウル号)
ITX청춘(ITX青春)

汽車には電車タイプものはありますが、ひとまず「汽車=長距離移動」のイメージです。

「지하철」は地下鉄のことだけじゃない

長距離移動の汽車を除くと、ソウル市内の電車は地下鉄が基本です。

ソウル市内の一部や郊外に出ると地上を走るようになりますが、それらはすべて同じレールで繋がっています。

そのためソウルでは地下も地上も関係なく지하철と呼びます。

これはJR線が東京23区内では地下を走り、地上をバスが行き来するようなイメージです。

そのため日本語よりも「地下鉄」のニュアンスが広くなっています。

地上を走る電車を韓国語でなんて言えばいい?

電車のことを지하철と呼ぶのはソウルを中心とした首都圏を基準にした話です。

地方に行くと地上を走る在来線とは別に、自治体が運営する地下鉄があります。

そのため電車のことを전철(電鉄)あるいは열차(列車)のように、地下鉄とは区別して呼びます。

したがって日本の「電車」のような意味として表現したい場合は、전철あるいは열차と言えばいいわけです。

韓国語の「전차」のイメージは?

전차と言えば「戦車」を表わす

電車をそのまま전차と言っても、韓国人にはあまり通じないのは同じ発音で別の言葉があるからですが、それは「戦車」です。

したがって「電車で来た」と言えば、戦車で来た?となります。

発音は同じでも戦車では通じるわけがないですね。

また전차という言葉を使うのは軍隊で、전차부대(戦車部隊)のような言い方をします。

中には「路面電車」をイメージする人もいる

一般的に戦車は탱크(タンク)と呼ばれます。

水や灯油を入れたりするあの「タンク」ですが、英語でも’Tank’で戦車のことを指します。

ちなみに年齢や性別によっては、전차と聞いて「路面電車」をイメージする人もいます。

電車のことを전차と言っても通じない理由がおわかりいただけたでしょうか。

ちなみに公共交通機関を韓国語では대중교통(大衆交通)と言います。