疑問詞とは文字通り「疑問文」によく用いる言葉です。

疑問詞にはいろんな種類があり、何をどのようにたずねるのかによって、使う語彙が変わります。

ここでは韓国語の疑問詞について、その種類や使い方を解説していきます。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

それが何か全くわからない時

誰かわからない時に使うのが「누구」

知りたいことが「人」である場合に使う疑問詞が누구です。

이게 누구의 목소리인지 알아?
これが誰の声かわかる?
오늘은 누구랑 같이 올 거예요?
今日は誰と一緒にくるんですか?
누구랑 누가 아직 안 왔어요?
誰と誰がまだ来てないですか?

누가は누구가を短くしたものです。

行動やものについて尋ねる時は「무엇」

知りたいことが行動やものなど「人以外の場合」は무엇を使いましょう。

일단 무엇부터 하면 될까?
とりあえず何からすればいいだろうか?
저 나무의 이름이 예요?
あの木の名前は何ですか?
어제 저녁은 를 먹었어요?
昨日の晩は何を食べましたか?

は무엇の口語体になります。

知らないことについて聞き方を変えたのが「무슨」

人以外のことについて先ほどと質問の仕方を変えると、무슨になります。

이게 무슨 냄새야?
これは何のにおい?
그건 무슨 요리를 만드는 거예요?
それは何の料理を作っているの?
그게 무슨 술이에요?
それは何のお酒ですか?

「何の○○ですか?」のような文ですが、무엇を名詞の前に持ってきたと考えましょう。

言い方を変えただけで質問は変わらない

①오늘 요일이 뭐지?

②오늘은 무슨 요일이에요?

どちらも曜日を聞いていることに変わりはない

聞き方に違いはあっても、質問の対象は同じです。

具体的にわからないことを聞く

くわしく聞きたい時は「어떻다」

より詳しいことを聞きたい、細かい部分について質問したい場合は어떻다を使います。

새로운 여자친구는 성격이 어때요?
新しい彼女の性格はどうなの?
민기씨 생각은 어때요?
ミンギさんの考えはどうですか?

どうですかと質問されるわけなので、回答も「こうです、ああです」といったものになるでしょう。

名称について聞かれているわけではないことがわかると思います。

文の前後を入れ替えて質問する「어떤」

어떻다も語彙の順番を入れ替えて、聞き方を変えてみましょう。

새로운 남자친구는 어떤 사람이에요?
新しい彼氏はどんな人なの?
민경씨는 어떤 생각을 가지고 있나요?
ミンギョンさんはどういう考えを持っていますか?

어떻다を名詞の前に持ってきて連体形にしたのが어떤です。

무슨と어떤はどこが違うの?区別があいまいなこともある

무슨と어떤の違いがあいまいなことも多いです。

어떤のニュアンスが強いケース

무슨 영화를 좋아하세요?
何の映画が好きですか?
주로 어떤 영화를 많이 봐요?
主にどんな映画をよく見ますか?

무슨は聞きたい対象そのものがわからないので、特定の好きな映画はあるのかといった意味になります。

어떤は詳しいことを聞くので、好みの映画のジャンルは何かといったニュアンスです。

ところが実際は好きな映画について聞かれても、答え方は人それぞれで正解はないと言えます。

무슨のニュアンスが強いケース

공항에서 무슨 일을 하세요?
空港で何の仕事をしているんですか?
공항에서 어떤 일을 하시는 거예요?
空港でどんな仕事をされてるんですか?

あるいはこういう質問に対して、いちいち「空港内を綺麗にしています、利用客の所持品を検査しています」といった答え方はしないでしょう。

大抵は「清掃員です、保安検査官です」などと答えるのではないでしょうか。

この手の무슨や어떤を使った文は、いちいち細かいことを考えなくても大丈夫です。

その他の疑問詞にはどんなものがある?

場所がわからないなら「어디」

場所がわからない時に使うのが어디です。

여기 주소가 어디예요?
ここの住所はどこですか?
어디까지 알고 있어?
あなたはどこまで知ってるの?

場所としてのニュアンスもあれば、ある「範囲」を表す場合もあります。

어디, 한 번 해 보자.
どれ、ちょっとやってみよう

ただしこういう使い方もあるので、なんでも「場所をたずねる」と思わないようにしましょう。

時期をたずねるなら「언제」

時期がわからないのであれば、언제を使いましょう。

이건 언제까지 하면 돼요?
これはいつまでにやればいいですか?
언제 올지 모르는 사람을 계속 기다리는 겁니까?
いつ来るかわからない人をずっと待ってるんですか?

これも細かい説明は必要ないでしょう。

언제 한번 만나요.
いつか一度会いましょう

しかし언제にもこういう使い方があったりします。

複数あるうちのどれかには「어느」

複数あるものの中から「どれか」を意味するのが어느です。

이 중에서 어느 것이 정답이에요?
この中のどれが正解ですか?
사계절 가운데 어느 계절을 좋아해요?
四季の中でどの季節が好きですか?

まさに「どれにしようかな?」ですね。

옛날 옛날 어느 마을에 어떤 부자가 있었답니다.
昔むかしある村にとあるお金持ちがいたそうな

やっぱり어느にもちょっと違う使い方はあります。

数や量について質問する

量や程度をたずねるのが「얼마」

疑問詞には数量に関するものもあり、その程度をたずねるのが얼마です。

시간이 얼마나 지났어?
どのくらいの時間が過ぎた?
관리비가 한 달에 얼마예요?
管理費が1か月にいくらですか?

金額をたずねる時の定番の表現でもありますね。

도움이 필요하실 때는 얼마든지 저한테 말씀하세요.
困った時はなんでも私に言ってください

しかし얼마にもこういう用法はあるので、パターンで覚えてしまうといいでしょう。

数に関する質問には「몇」

数字について聞く時はになります。

8에 3을 더하면 이 됩니까?
8に3を加えたらいくつになりますか?
내일은 시에 만나기로 한 거야?
明日は何時に会うことにしたの?

時間や日付には欠かせない言葉ですね。

년이 지났어도 그 날에 있었던 일은 생생하게 기억하고 있습니다.
何年経ってもあの日のことは鮮明に覚えています

몇もこういう表現は疑問文とは別に覚えましょう。

疑問詞を入れてみよう

各文に適切な疑問詞を入れてみましょう。
※答えはタップして確認できます

이건 대체 일입니까?
これはいったい何事ですか?
수를 써서라도 반드시 찾아내야 돼.
どんな手を使ってでも必ず探し出さないと
이 중에서 게 마음에 들었어요?
この中でどれが気に入りましたか?

疑問詞の中にはある程度使い方が決まっているものもあるので、その場合はそのまま覚えてしまいましょう。