何やってんのさ

「だから言ったろ」
「やっぱりね」
「そう思ったんだよ」

こうした言葉はカップルのケンカなどに出てきそうですが、こういう場面に使える表現を紹介していきます。

そのまま使える表現は丸暗記してしまうといいでしょう。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

「やっぱりね、そう思ったよ」を韓国語で?

「~と思った」を皮肉った言い方で

-ㄴ 줄 알다は「~だと思った」というニュアンスの文法ですが、これに이렇다や그렇다を組み合わせます。

그래, 그런 줄 알았어.
そう、やっぱりね
나도 이럴 줄 알었어.
私もこうなる思ったよ

ポイントは相手を皮肉るつもりで話すことです。

そうすれば「ほーら、言った通りじゃん!」と言わんばかりの表現になります。

否定文なら口答えや言いわけもできる

-ㄴ 줄 알다を否定文に変えれば、「~とは思わなかった」という文のできあがりです。

이 시간에 길이 막힐 줄 몰랐습니다.
この時間に道路が混むとは思いませんでした

普通ならこんな感じで使うところですが、これも이렇다や그렇대と組み合わせれば、言い訳になります。

나도 이럴 줄 몰랐다니까.
私だってこうなるとは思わなかったよ

コツは「私はぜーんぜん悪くない!」とアピールすることです。

ただそのまま口論に発展するかもしれないですね。

「言ったじゃん、だから言ったろ」を韓国語にすると?

説教から口答えにまで使える「-잖아」や「것」

小言やお説教から口答えまで、いろんな場面で使えるのが-잖아です。

거봐, 내가 그랬잖아.
ほら、言ったじゃん
그러니까 지하철을 놓쳤잖아.
だから地下鉄逃したんじゃん

「~じゃん、~じゃないか」と言いたい時にぴったりの表現ですね。

너 때문에 늦은 거야.
あんたのせいで遅れたんだからね

あるいは連体形+것も結構使えます。

責任転嫁するような言い方はドラマなどにも出てくると思います。

ただ人に責任をなすり付けるはどうかと思います。

お説教や皮肉るなら間接話法も使える

中級の壁とも言える間接話法ですが、これができるとお説教や皮肉も完璧です!

난 분명히 그만하라고 했어.
私は間違いなくやめなって言ったよ
그러니까 하지 말라고 했잖아.
だからやめなって言ったじゃん

禁止の間接話法はお説教の定番ですね。

このように間接話法は伝聞以外の用途で使えるのも特徴です。

直訳できない表現もある

그렇다と組み合わせて、間接話法の変形のような使い方をすることもあります。

내가 뭐라 그랬어?
だから言ったでしょ

뭐라 그랬어?は基本通りに表現すれば「뭐라고 했어?」です。

直訳すれば「私が何て言った?」となりますが、人の話をきかないからこうなるんだよというニュアンスです。

こうした直訳できない言い方も知っておいて損はありません。

スーパーに行くと「내가 뭐라 그랬어?」と子供を叱りつけている母親を見かけます。

ただ子供は反省してる様子はないですね ㅋㅋ