【~だけど、~してたのに】-던데ってどういう意味?-더라고との違いは?

文法や応用

過去の行動や事実などを思い出す-더に「~だけど、~だが」を表す語尾-ㄴ데が組み合わさったのが-던데です。 「~だったけど、~だったが」のようなニュアンスで、過去に見聞きしたものを思い出します。 -던데を使った表現は二つの

【~たられば】-면を使った文を場面やケースに合わせて使い分けよう

ニュアンスや意味

「~ならいいのに」 「~だったなら」 「~なら」 -면はバリエーションに富んだ表現ができる一方、使い分けが難しくなる文法です。 -면を用いたいわゆる「たられば」の表現にはどんなものがあるのか、ニュアンスごとに紹介していき

『~だったよ』感情や気持ちを思い出して話す「더라・더라고」のニュアンス

文法や応用

-더라は「過去の出来事」について話をする時に使う文法です。 自分が体験したことを思い起こし、その時の様子などを伝えます。 頭の中で場面をイメージしながら話をしていくわけですが、思い起こす内容が「行動か感情か」によって使い

안と-지 않다の違いって?ニュアンスの区別や使い方の傾向を押さよう

文法や応用

안の文には「안~」と「-지 않다」の2つがありますが、それぞれニュアンスやよく使う場面などに違いがあります。 例えば口語で使うことが多いのはどちらかといったことですね。 今回は二つの否定文の違いなどについて解説していきま

【주라고と달라고がややこしい】指示と依頼の違いがわかれば、間接話法は克服できる

文法や応用

주라고と달라고の違いについて、解説していきます。 주다は「あげる」という意味ですが、間接話法では「もらう」という意味にもなります。 そのためニュアンスがややこしくなり、間接話法が難しいと感じてしまう原因の一つでもあります

【短縮形よりも実戦的】間接話法の応用でより小慣れた表現を使いこなそう

文法や応用

間接話法と言えば「伝聞、引用」というイメージを持っている人は多いと思います。 しかし実際の会話では「さっき~って言ったろ」のように、伝聞や引用とは全く関係がないように見える文に間接話法が用いられることもあります。 こうし

1 2

ページの先頭へ