【~だけど、~してたのに】던데ってどういう意味?더라고とのニュアンスの違い

文法

過去の行動や事実などを思い出す-더に、「~だけど、~だが」を表現する語尾-ㄴ데が組み合わさったのが「-던데」です。 「~だったけど、~だったが」のような意味で、過去に見聞きしたものを思い出すわけですが、内容は大きく3つに分かれます。

教科書通りじゃないから難しい!自分の意見や考えを伝える「間接話法の応用」って?

間接話法

間接話法と言えば「伝聞」というイメージを持っている人は多いと思います。 しかし、実際の会話では「さっき、~って言ったろ」のように、伝聞とは全く関係のない文に、間接話法が用いられることもあります。 こうした表現を使いこなすためには、間接話法の応用について知っておく必要があります。

To the top