文章記号といえば、「かぎかっこ」を思い浮かべる人は多いと思います。

韓国語にも同じような役割として使われるものがあり、それがダブルクォーテーション(” “)シングルクォーテーション(‘ ‘)です。

韓国語版「かぎかっこ」とも言えますが、これらの機能や使い方について解説していきます。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

直接話法とは「かぎかっこ」を用いた文のこと

まずは直接話法と間接話法の違いをおさらいしましょう。

今日は暖かいって聞いたよ。
(間接話法)

今日は「暖かい」って聞いたよ。
(直接話法)

このように誰かの話などを引用する際に「かぎかっこ」を使うことはよくあると思います。

そして「かぎかっこ」を使った文を直接話法、そうでないものを間接話法といい、韓国語でも似たような区別の仕方をします。

오늘은 따뜻하다고 들었어요.
今日は暖かいって聞いたよ。
(間接話法)

오늘은 따뜻해요“라고 들었어요.
今日は暖かい」って聞いたよ。
(直接話法)

韓国語では「かぎかっこ」が“ダブルクォーテーション”になってるのがわかると思います。

セリフなどをダブルクォーテーションで囲み、そこに-라고をつけます。

ダブルクォーテーション(” “)の使い方

誰かが「言ったこと」を表す

韓国語ではダブルクォーテーションを큰따옴표と言いいます。

큰따옴표を用いた文でも、内容は引用や伝聞となります。

남자친구가 시험이 끝날 때까지 전화하지 마요“라고 하더라고요.
彼に試験が終わるまで電話しないでくれ」って言われたよ
민수한테 오후부터 비가 와요“라고 들었어요.
ミンスから午後から雨が降るよ」って聞きました

第三者の話を引用していますが、-라고の後ろに듣다などを使ったりするのは間接話法と同じです。

カギかっこの有無以外は日本語とほぼ使い方が似ていると言えます。

書かれている内容を表すこともある

引用や伝聞には「書かれたことの内容」を表す場合もあります。

書かれたことと聞いてもピンとこない人は、メモや看板の中身をイメージしてみましょう。

간판에는 무한리필“이라고 써 있습니다.
看板にはお代わり自由」と書いてあります

直接話法というだけあって、書いてあることがそのままダブルクォーテーションの中に入ってますね。

ただし-라고の前にパッチムがある場合は“~”이라고になります。

책상에는 내일에 돌아온다“고 적어놓은 쪽지가 있었어요.
机には明日戻る」と記したメモがありました

ところでこちらは「-라」が抜けていますが、なぜでしょうか?

-ㄴ다/-는다などで終わる文をダブルクォーテーションでくくる時は、“-ㄴ다”고“-는다”고のようになることが多いです。

그는 오늘은 운이 좋았다“고 말했습니다.
彼は今日は運がよかった」と言いました
민기한테 서울은 춥지 않았다“고 들었어요.
ミンギにソウルは寒くなかった」と聞きました

ニュースの記事などでよく見かけますが、終止形で終わる文を引用すると思えばいいでしょう。

ところで小説の中の会話や雑誌インタビューのコメントなどでも、ダブルクォーテーションを使うのでしょうか。

금메달 축하드립니다.
「金メダルおめでとうございます」
응원해 주셔서 감사합니다.
「応援していただき、ありがとうございました」

会話文を表す場合はダブルクォーテーションだけを使います。

会話文だけだとわかりにくいかもしれませんが、小説や雑誌のような長文なら큰따옴표の使い方もイメージしやすくなります。

まとまった文章でも基本は同じ!

日本語の場合

パク記者は金メダルを手にした彼女にインタビューを試みた。
胸元の金メダルには冬季オリンピック」と書かれている。

金メダルおめでとうございます。今の心境はいかがですか?
コンディションもすごくよかったし、練習の成果が出たと思います…

韓国語の場合

박기자는 금매달을 손에 든 그 여자에게 인터뷰를 시도했다.
가슴에 걸린 금메달에는 동계 올림픽“이라고 써 있다.

금매달을 축하드립니다. 지금 심경이 어떠십니까?
컨디션이 아주 좋았고요, 연습한 성과가 나왔던 것 같습니다…

こうやって見ると、韓国語のダブルクォーテーションも日本語のかぎかっこと大きな違いはないことがわかると思います。

シングルクォーテーション(‘ ‘)の使い方

「強調」したい部分を囲む

韓国語ではシングルクーテション(‘ ‘)も使い、작은따옴표と呼ばれます。

지금 필요한 것이 ‘지식’이 아니라 ‘실천’이다.
今必要なのは「知識」ではなく「実践」
인생에 중요한 것이 ‘사랑’일까 ‘돈’일까.
人生で大切なのは「愛」「お金」

日本語では「かぎかっこ」で強調したい部分を表すことがありますが、韓国語ではシングルクーテション(‘ ‘)になります。

シングルクーテション(‘ ‘)は「強調」や「心の声」に使われることが多いです。

「心の声」を表す時

心の声を表すというのは、直接声に出すことなく頭の中で考えていることや独り言などです。

걔는 도대체 무슨 생각을 하는 거야?
(あの子は一体何を考えているんだ?)
본인이 알아서 하겠지 뭐
本人が適当にうまくやるでしょ

小説で( )ー(ハイフン)を使って表現する部分をイメージするといいでしょう。

ダブルクォーテーションの中にシングルクーテションが入る「引用の引用」

かぎかっこには『二重のもの』もありますね。

韓国語の引用の引用

  △△ ~ “라고
 △△」と

「」の中に『』が入るように、(” “)の中に(‘ ‘)が入る。

韓国語ではシングルクーテション(‘ ‘)を『二重かぎかっこ』のように使い、引用の中の引用を表します。

민기가 라디오에서 오늘은 35도까지 기온이 올라간다고 들었습니다“라고 하더라고요.
ミンギがラジオで今日は35度まで上がるって聞きました」って言ってました
그는 여러분, 끝이 시작이다라는 말을 들어보셨나요?“라고 하면서 강의를 시작했다.
彼はみなさん終わりは始まりという言葉を聞いたことありますか」と言いながら講義を始めた

こちらもカギ括弧や二重カギ括弧の使い方とほぼ同じですね。

原則さえちょっと押さえてしまえば、難しくはないと思います。

間接話法と比べて使う機会は少ない?かもしれませんが、直接話法も大事です。

しっかり覚えて、ぜひ使いこなしてください。