否定文のニュアンス

見ない?
見えない?

これを韓国語にする場合、안と못のどちらを使えばいいでしょうか。

「안と못」の否定文の違いや使い分け、ニュアンスの違いについて解説していきます。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

否定文のニュアンスの違い

안はやらない、못はできない

안と못の否定文の違いを一言でいえば、やらないか・できないかです。

안の否定
自分の意志で意図的にやらなかった

못の否定
特別な意図はなく何か理由がありできなかった

바빠서 숙제를 안 했습니다.
忙しくて宿題をやりませんでした
※わざとやってない
시간이 없어서 리포트를 못 했어요.
時間がなくてレポートはできませんでした
※できない理由があった

忙しいという理由をつけて宿題をわざとやっていないなら안、時間が取れなくて本当にできなかったのであれば못を使うことになります。

○○さん見なかった?には「못」

안と못を間違えるケースとして、こういうのがあります。

박과장 못 봤어?
パク課長見なかった?
저도 못 봤습니다
私も見てないです

안 봤다だと意図的に見ていないことになってしまいます。

したがって「○○さん見なかった?」というような話には못 봤다を使います。

안は単純否定の時もある

必ずしも意図的ではない

안がついているからといって、何でも意図的にやらないというわけでもありません。

지하철역 앞에 있는 치킨집에 가 봤어?
地下鉄の駅前にあるチキン店に行った?
아직 안 가 봤어.
まだ行ってないよ

ここでは「行ってない」という事実だけを答えているので、意図的に行くのを避けているという意味ではありません。

これは안を使った否定文が「反対の意味を表わす」という最も基本的な部分です。

場合によってはこのような単純否定の時もあるということも覚えておきましょう。

表情や口調などからも判断する

同じ文でも言い方によって意味が変わることもあります。

왜 전화를 안 받았어?
電話に出れなかったの?
일이 바빠 가지고 정신이 없었어.
忙しくて余裕がなかったんだよ

仮に相手がこう答えたとすれば、女性は単に電話に出れなかった理由を聞いているだけかもしれません。

왜 전화를 안 받았어?
なんで電話に出なかったの?
그건 안 받은 게 아니라…
それは出なかったんじゃなくて…

ところが相手がこう答えたとしたら、女性は「わざとに電話に出なかったのか?」と責めているのかもしれません。

안の否定文は表情や口調など、その他の要素からも判断する必要があります。

「見えない」には안?それとも못?

日本語の「見えない」を韓国語ではどう表現すればいいでしょうか?

不可能を意味する못を使うのが正解でしょうか?

여기서는 아무 것도 안 보여요.
ここからは何も見えません

보이다はまぶたが開いているだけで「光や景色が目に入ってくる」というニュアンスです。

つまり単純否定なので안を使うことになります。

「안」や「못」が使えないケース

있다の反対は없다だけど敬語では?

안や못の否定文はすべての言葉に使えるわけではなく、反意語があるかにも注意する必要があります。

反意語がある

나 지금 현금이 없어요.
私今現金持ってないです (ㅇ)
나 지금 돈이 안 있어요.
나 지금 돈이 있지 않아요.
僕今お金持ってないです (x)

있다の反対は없다ですね。

反意語がない

사장님은 지금은 안 계십니다.
社長は今はいらっしゃいません (ㅇ)
사장님이 지금은 계시지 않습니다.
社長は今はいらっしゃいません (ㅇ)

있다の尊敬語は계시다ですが、계시다に反意語(없다の尊敬語)はありません。

したがって안の否定文を使うことができます。

알다の反意語は모르다だけど長い否定文ならOK?

알다の反意語は모르다です。

反意語で表現

그게 무슨 듯인지 몰라요?
それがどういうことかわからないんですか? (ㅇ)
무슨 말인지 안 알아요.
무슨 말인지 알지 않아요.
何のことかわかりません (x)

反意語があるので알다を안や못と一緒に使うことはできないのが基本です。

알다で表現できるケース

무슨 내용인지 알지 못합니다.
どういう内容なのかわかりません (ㅇ)

ただし못の長い否定文なら使用可能です。

こういうのは覚えるしかないですが、ややこしい人はとりあえず모르다を使いましょう。

안と못の否定文でわからなくなったら、まずは単純否定かどうか考えてみましょう。