理由を表す表現の代表といえば-니까。 この文法は「-니까」もしくは「-ㄹ테니까」にして使うことが多いですが、これらにはどのような違いがあって、いつどのように使われるのでしょうか。 今回は二つの違いについて解説していきます