理由を表す文法にはいくつかありますが、その中でもよく出てくるのが「-니까」と「-ㄹ테니까」です。 これらにはどのような違いがあって、いつどのように使われるのでしょうか。 今回はそれらについて解説していきます。