自分の意志とは関係なく、何らかの状態になるというニュアンスを持っている되다。

되다を使った表現は使用頻度が高い上に、場面によって意味合いが変化します。

今回は되다の中でも会話でよく使われているものと、そのニュアンスを紹介していきます。

変化が起こった「結果」を表す

何かになった結果を表す「-이/가 되다」

-이/가 되다で、何かになった結果を表します。

계약직으로 입사했지만 내년부터 정규직이 됐습니다.
契約社員として入社したけど、来年から正社員になりました
어렸을 때는 가수가 되는 것이 꿈이었어요.
幼い時は歌手になるのが夢でした

いわゆる「大学生になる、弁護士になる」といった文に使うケースですね。

이 되면 한강에 놀러 가서 자전거를 타고 싶어요.
春になったら漢江に遊びに行って自転車に乗りたいです

職業や身分といったものだけでなく、「春になる、秋になる」のように状況が変わった結果を表現したい時にも使えます。

変化を表す「-게 되다」

状況や状態の変化にも、되다はよく使われます。

귤을 많이 까먹어서 손가락이 노랗게 돼버렸어요.
みかんを食べ過ぎて、指が黄色くなっちゃいました
한국에 오래 살다가 매운 거를 많이 게 됐어요.
韓国にずっと住んでたら、辛いものたくさん食べるようになりました
대학원에 들어가고 나서는 하루 7시간 이상 공부하게 됐어요.
大学院に入ってからは、一日7時間以上勉強するようになりました

日本語なら「~くなる、~することになる」といったニュアンスですね。

また-게 되다と似たような文法に-아/어지다もあります。

-아/어지다も変化を表しますが、-게 되다と時間的な部分でニュアンスがちょっと違います。

できあがりや完成したもの、作業の完了などを意味する

出来上がりや完成したものを表す

되다は完了したものや完成したものを意味することがあります。

수리는 됐습니다.
修理は完了しました
결제는 다 됐고 이티켓까지 다운 받았어요.
決済は済んで、Eチケットもダウンロードしました

됐다”で使うことも多いですが、作業であれば完成、料理ならできあがりというニュアンスです。

買い物をした時に「決済が済んだか」など、完了したという意味であれば、何かと使える場面は多いと思います。

否定文で「未完了や未完成のもの」を表す

否定文にすることで、未完了や未完成のものを表します。

아직은 환전이 안 돼서 지금은 현금이 없어요.
まだ両替が済んでいなくて、今は現金がないんです
아직 마음의 준비가 안 돼요.
まだ心の準備ができてないです
아직 찌개가 다 되지 않으니까 반찬을 먹고 기다리자.
まだチゲができないから、おかずを食べながら待ちましょう

完了やできあがりと反対の文にするだけなので、未完了や未完成のニュアンスも難しくはないと思います。

うまくいくものといかないもの

「できるもの」と「できないもの」がある

되다/안 되다で「可能、不可能」を表すこともあります。

원화로 송금이 안 돼서 달러로 보낼게요.
ウォンで送金できないので、ドルで送ります
재난지원금을 받을 때는 현금으로도 되나요?
災害給付金を受け取る時、現金でも可能ですか?

疑問文で使えば「できるか、できないか」を尋ねる文になります。

관리비 자동이체가 잘 안 됩니다.
管理費の自動引き落としがうまくいきません

また「잘」をつけることで、うまく機能する・しないというニュアンスにもなります。

ものごとがうまくいく時にも使える

잘 되다で「物事がうまくいく、順調に進むこと」を表します。

난 혹성전자에 취직하게 됐어요.
惑星電子に就職することになったんです
진짜요? 잘 됐네요!
本当に?よかったね!

잘 됐다と過去形にすれば、良い結果が得られたことを意味します。

잘 될테니까 걱정마요.
うまくいくはずだから心配しないで

あるいは“잘 될 것이다”のような形にして使うこともあります。

いずれにせよ「ものごとがうまくいく」と覚えてしまいましょう。

中身や構成などを表す

何でできているのか、材料や中身など

それがどんなものから成り立っているのか、構成や中身を表します。

사람의 몸은 70%가 로 돼 있습니다.
人の体は70%が水でできています
제 명의로 된 통장으로 입금해주세요.
私の名義の通帳に入金してください

-로 되다で「~からなる」という意味の文になります。

그 야구팀은 외국인선수로 구성돼 있습니다.
あの野球チームは外国人選手で構成されています

あるいは-로 구성된(~で構成された)のように、구성(構成)という言葉を使っても構いません。

数や量がどのくらいかを表す

年齢や金額など、数字を表す言葉と一緒に使うことで、その数に至ることを意味します。

지난달에 스물 여섯이 됐어요.
先月で26になりました

年齢は“스물 일곱살이 되다”のように「-살」をつけることもあれば、数字のみで表現することもあります。

한국에 온 지 얼마나 됐어요?
韓国に来てどのくらい経ちますか?
10년이 됐어요.
10年になります

どのくらいの時間が経っているのかといった期間も、되다で表現できます。

이딴 거 3만원이나 돼?
こんなものが3万ウォンもするのか?
이래봬도 좋은 거야.
こう見えても、いいものなんだよ

値段の話にも되다を使うことができます。

ちなみに이딴は이런と意味は同じでも、ちょっと良くない表現になります。

許可や禁止「~してよい、~してはいけない」

許可をしたり承諾を求める

-아/어도 되다で「許可」を表す表現になります。

이 사진이라면 친구들한테 보여 줘도 돼요.
この写真なら友達に見せてもいいですよ?
잠시 들어가도 돼요?
ちょっと入ってもいいですか?

疑問文なら「~してもいいですか?」という承諾を求める文になりますね。

禁止したいことを伝える

-면 안 되다にすれば、やってほしくないことを表現することができます。

여기서 음식물을 드시면 안 됩니다.
ここで飲み食いしたらいけません
물결이 높은 날에 바다에서 수영하면 안 돼요.
波が高い日に海で水泳をしたらだめですよ

否定文にすれば「禁止」のニュアンスですね。

まとめ

1.結果や変化
-이/가 되다:~になる
-게 되다:~くなる、~することになる

2.できあがりや完成
다 됐다:できた、完了した
안 됐다:まだできてない

3.可能不可能
되다:できる
안 되다:できない

4.ものごとがうまくいく
잘 되다

5.中身や構成など
-로 되다:~からなる

6.その数字に至る
数字+되다

7.許可や禁止
-면 되다:許可
-면 안되다:禁止

되다は用途が広い単語ですが、ぜひ使いこなしてください。