あなたは普段何かをする時に、必ず行うルーティーンのようなものはありますか。

あるいはこんな時はいつもこれをするといった、自分だけのルールのようなものでも構いません。

今回はそんなマイルールを表現する時にも使える文法です。

「-ㄹ 때」のニュアンス

何かが起こる「時、タイミング」を表す

ことが起こる時期やタイミングを表すのが-ㄹ 때です。

時期やタイミングを表現

動詞
가다 + 때 = 갈
(行く + 時 = 行く時)

形容詞
덥다 + 때 = 더울
(暑い + 時 = 暑い時)

動詞と使えば「~する時」、形容詞に用いれば「~な時、~の時」のような意味になります。

「-ㄹ 때」の使い方

-ㄹ 때は動詞や形容詞などの語幹と組み合わせます。

動詞/形容詞 + -(으)ㄹ 때

보다 + -ㄹ 때 = 볼 때
이다 + -ㄹ 때 = 일 때
바쁘다 + -ㄹ 때 = 바쁠 때

웃다 + -ㄹ 때 = 웃을 때
있다 + -ㄹ 때 = 있을 때
귀찮다 + -ㄹ 때 = 귀찮을 때

만들다 + -ㄹ 때 = 만들 때
들다 + -ㄹ 때 = 들을 때
덥다 + -ㄹ 때 = 더울 때
그렇다 + -ㄹ 때 = 그럴 때

パッチムなし

병원에 갈 때는 먼저 예약부터 하세요.
病院に行く時はまず予約をしてください
(가다)
할머니는 신문을 볼 때 돋보기를 쓰세요.
おばあちゃんは新聞を見る時に老眼鏡を使います
(보다)
고등학생일 때 지역대회에서 우승했습니다.
高校生の時に地区大会で優勝しました
(고등학생)

語幹にパッチムのない単語には、-ㄹ 때を組み合わせます。

パッチムあり

웃을 때 예쁘고 애교가 많은 친구예요.
笑うとかわいくて愛敬のある人です
(웃다)
시간이 있을 때 책을 읽어요.
時間がある時に本を読みます
(있다)
밥하기가 귀찮을 때 라면을 끓여요.
食事の支度が面倒な時はラーメンを作ります
(귀찮다)

語幹にパッチムがある場合は、-을 때を付けましょう。

変格活用の動詞

ㄹパッチムの語彙

김밥을 만들 때는 김이 꼭 필요해요.
キムパを作る時は、海苔が絶対に要ります
(만들다)

語幹がㄹパッチムの時は、そのままを付けます。

ㄷパッチムの一部

그 교수님의 강의를 들을 때 항상 졸려요.
あの教授の講義を聞く時はいつも眠いです
(듣다)

語幹のㄷパッチムがㄹになる時は、-을 때を使います。

ㅂパッチムの語彙

부끄러울 때 사람은 얼굴이 빨개집니다.
恥ずかしいことがあると人は顔が赤くなります
(부끄럽다)

ㅂパッチムは우になるので、そこに-ㄹ 때を付けます。

ㅎパッチムの語彙

그럴 때는 친구한테 물어봐요.
そういう時は友達に聞いてみなよ
(그렇다)

ㅎはパッチムが脱落するので、そこに-ㄹ 때を付けましょう。

言い方を少し変えてみよう

過去のことを話すなら「-았/었」と一緒に使う

過去に何かがあった時期について話す時は、過去形の-았/었の後に組み合わせます。

처음 만났을 때가 10년전이에요.
初めて会ったのは10年前です
면접을 봤을 때는 너무 긴장했습니다.
面接を受けた時はすごい緊張しました
난 중학생이었을 때 키가 크지 않았어요.
私は中学生だった頃、背が高くなかったです

ニュアンスは「~した時、~だった時」といった感じで考えればいいでしょう。

名詞との組み合わせはギリギリまで「省略した形」にする

名詞には이다を使うので-일 때あるいは-이었을 때が基本形ですが、これを省略することもできます。

방학 때는 뭐하면 좋을까요?
学校が休みの時は何すればいいかな?
난 7살 때 신가폴에서 살았어요.
私は7歳の時シンガポールに住んでました
아침하고 저녁 이 역을 드세요.
朝と夕時にこの薬を飲んでください

「名詞+때」のようになってもニュアンスは変わりませんので、省略できる時は短く表現してしまいましょう。

他の文法と組み合わせる時

-ㄹ 때を他の文法と組み合わせる時も、使い方は基本通りにすればOKです。

내가 외출하려고 할 때 항상 비가 와요.
私が外出しようとするといつも雨が降ります

-려고 하다ならパッチムがない語彙と同じなので、-ㄹ 때を組み合わせます。

삼겹살을 먹고 싶을 때는 할머니식당에 가요.
サムギョプサルが食べたい時はハルモニ食堂に行きます

-고 싶다はパッチムがある時と同じ使い方なので、-을 때を付けることになります。

사람이 많지 않을 때 구경하고 싶어요.
人が多くない時に見物したいです

こんな感じで他の文法と組み合わると、表現の幅も広がっていきます。

さっそく自分だけのルーティーンなどを表現してみましょう。