動詞を-는などの形にした連体形は名詞の前に置いて使います。

例えば제가 다니는 학교(私が通っている学校)のようにですね。

ところで連体形は것と一緒になることも多く、これもマスターしておきたい表現です。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

文型と語尾の使い方は?

「~すること」のような言い方をする

-는 것は「~すること」と言いたい時によく使われます。

것で表現の仕方を変える

나는 을 좋아해요.
私はが好きです

言い方を変える
↓↓↓

나는 책을 읽는 것을 좋아해요.
私は本を読むのが好きです

本が好きというのは「本を読むことが好き」ということ

このように表現の仕方を変えることができるのが-는 것です。

行動や動作そのものを意味することが多い

動詞を-는にして、そこに것を付け足しましょう。

動詞 + -는 것

보다 + -는 것 = 보는 것
사다 + -는 것 = 사는 것
공부하다 + -는 것 = 공부하는 것
준비하다 + -는 것 = 준비하는 것

먹다 + -는 것 = 먹는 것
입다 + -는 것 = 입는 것
받다 + -는 것 = 받는 것
씻다 + -는 것 = 씻는 것

알다 + -는 것 = 아는 것
만들다 + -는 것 = 만드는 것

「~すること」のようになる文では、行動そのものを意味することが多いです。

제 다이어트법은 아침마다 운동하는 거예요.
僕のダイエット法は毎朝運動することです
전 언어를 배우는 것이 취미예요.
僕は言語を習うのが趣味です
난 약속시간에 늦는 게 제일 싫어요.
私は約束の時間に遅れるのが一番嫌いです
정말 비가 오는 거 확실해?
本当に雨なんか降るのか?

-는 것の後に文が続く時は것にどんな助詞が組み合わさるかによって、文型をうまく変えてあげる必要があります。

「~すること」と訳せないケースもある

文によっては「~すること」と訳せないケースもあります。

지금 뭐하는 거예요?
今何してるんですか?
거기서 뭐하시는 겁니까?
そこで何をされてるんですか?
대체 언제까지 이러는 겁니까?
一体いつまでこんなことするんですか?

無理に直訳しようとせず、感覚的にニュアンスをとらえましょう。

文によって変わる「-는 것」のニュアンス

「動作の対象」を意味する

-는 것は動作の対象を表すこともあります。

저 사람들이 마시는 건 녹차예요.
あの人が飲んでいるのはこの緑茶です
내가 제일 잘 만드는 게 김밥이에요.
俺が一番得意なのはキムパプです
요즘 읽는 게 어떤 책이에요?
最近読んでいるのはどんな本ですか?

것が動作の対象となるものを表している場合も比較的イメージしやすいと思います。

「何かの特徴」を表すこともある

-는 것が何かの特徴を意味することもあります。

자전거도 타는 것이에요.
自転車も乗り物です
맛없는 건 먹고 싶지 않아요.
まずいものは食べたくないです
학식에서는 싸고 맛있는 걸 많이 먹을 수 있어요.
学食では安くて美味しいものがたくさん食べれます

あえて言えば「~なもの」となりそうですが、直訳するのは難しいと思います。

同じ表現でも状況によって意味が変わる

-는 것は同じ表現でも違う意味になることすらあります。

현주씨가 먹는 게 뭐예요?
ヒョンジュさん食べてるものは何ですか?
전 요리하는 거보다는 먹는 걸 더 좋아해요.
僕は料理をするよりは食べることの方が好きです
이거 먹는 거 맞아?
これ本当に食べれるの?

「食べているもの」
「食べること」
「食べ物」

同じ表現でも全く意味が違いますね。

状況によってニュアンスも変化するので、-는 것が何を指しているのかを押さえることがポイントになります。

-는 것は直訳できない文も多いので、少しづつ練習して慣れていきましょう。