안と-지 않다の違いって?ニュアンスの区別や使い方の傾向を押さよう

文法や応用

안の否定文には「안」と「-지 않다」の2つがありますが、それぞれニュアンスやよく使う場面などに違いがあります。 例えば口語で使うことが多いのはどちらかといったことですね。 ここでは二つの否定文の違いなどについて解説してい

【鼻音化が苦手な人向け】パッチムの変化と発音が聞き取れない理由とは?

発音や表記

鼻音とは鼻から空気が抜けながら出る音で、日本語の「ん」に近いの発音のことをいいます。 そして発音が鼻音に変わるのが「鼻音化」です。 頭ではわかってはいても、いざ耳にするとなかなか聞き取れないといった経験はないでしょうか。

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다の違いは『目に見えるかどうか』で判断できる

文法や応用

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、どちらも「~できる」という意味で使われる文法です。 ただ「~できる」と言っても、お互いを入れ替えて使うことができる時とそうでない時があります。 そこで2つの文法の違いを解説していきます。

【주라고と달라고がややこしい】指示と依頼の違いがわかれば、間接話法は克服できる

文法や応用

주라고と달라고の違いについて、解説していきます。 주다は「あげる」という意味ですが、間接話法では「もらう」という意味にもなります。 そのためニュアンスがややこしくなり、間接話法が難しいと感じてしまう原因の一つでもあります

【~しなければ、~しないと】強制力が変わる『-야 되다と-야 하다』の違いとは?

文法や応用

韓国語で「~しなきゃ」を表現する時、-야 하다と-야 되다を使うことができますが、これらは基本的に同じニュアンスの文法です。 ところが実際はそれぞれに微妙に違うイメージを持っている人は多いです。 そこで今回はこれらの違い

【連音化は韓国語の基礎】連音化が起こる理由と発音の変化を練習する方法

発音や表記

韓国語の発音をマスターするための登竜門、連音化(リエゾン)について解説していきます。 連音化は発音変化の基礎でもあり、これが不十分だと韓国語はできないと言っても過言ではありません。 逆にリエゾンがしっかりできていれば、他

1 21 22 23 24 25 27

ページの先頭へ