知っている言葉が聞き取れない理由とは?会話やリスニングの力を上げるポイント

勉強法や対策

「ある程度の語彙は知っているはずなのに聞き取れない」 韓国語学習者の中で「壁にぶつかっている」と感じている人の悩みで、一番多いのはこれではないでしょうか。 なかなか聞き取りが伸びない、韓国語が聞き取れない理由には大きく3つあります。

【距離感でニュアンスを区別】4種類の『触るな、いじるな』を覚えよう

ニュアンスや意味

韓国語にも似た意味の言葉はたくさんありますが、これらの違いを理解しようとする時、つい語彙だけを頼りに区別しがちです。 その中の一つが、韓国語の「触る、いじる」です。 今回は「触る、いじる」を表わす4つの単語を、「語彙以外の視点」から解説したいと思います。

【Naver辞書とDaum辞書】無料辞書アプリの使い方と注意点を解説

勉強法や対策

無料の韓国語辞書アプリの代表といえば、Naver辞書とDaum辞書。 韓国語を学んでいる人で、このどちらか、あるいは両方をスマートフォンに入れている人は多いかと思います。 そこで、Naver辞書とDaum辞書の特徴や使い方や、使用時の注意点を解説していきます。

【~たられば】-면を使った文は表現の種類とニュアンスが豊富

ニュアンスや意味

「~ならいいのに」 「~だったなら」 「~なら」 ~면は、バリエーションに富んだ使い方が可能な文法です。 様々なニュアンスを表現できますが、その分使いこなすも難しくなります。 今回は「-면」を使った、いわゆる「たられば」の表現についてです。

『~だったよ』感情や気持ちを思い出して話す「더라・더라고」のニュアンス

文法

過去に「自分が見聞きしたこと」を話す時に使う文法です。 自分が体験したことを思い起こし、その時の「感情や気持ち、様子など」を伝えます。 頭の中で、場面をイメージしながら話をしていくわけですが、思い起こす内容が「行動か、それとも感情か」によって、使い方が変わります。

1 22 23 24 25 26 30

To the top