【疑問文と間接話法の組み合わせ】-냐고や-느냐고を含んだ表現って?

文法

間接話法は「平常文、疑問文、命令文、勧誘文」など、どれと組み合わせるかによっても、文型が変化します。 このうち、疑問文と間接話法を組み合わせる時は、文型に「-냐고 하다」を使います。 ところが「-냐고 하다」は、組み合わせる語彙によっても、文型が変わります。

1 2

To the top