【-아/어 가지고】話し方が韓国人っぽくなる文法と使い方のパターン

文法

話し方が韓国人っぽい文法と題して「-아/어 가지고」の使い方やニュアンス、注意点などを解説していきます。 この文法は外国人はあまり使わないような印象(個人的にそう思う)があります。 そのため使いこなせれば、ネイティブに一歩近づけるようになるかも?しれません。

-아서/어서と-니까の違いは?理由を表す文法はどこが違うの?

文法

-아서/어서と-니까は、どちらも「~だから、~ので」といった表現に使う文法です。 ところがニュアンスが似ているために混同しやすく、どちらをどのように使えばよいのかわからない人も多いかと思います。 そこで今回は、これらの違いを解説していきます。

「運動するのに」を韓国語で?-려고 하다と-느라고と-고자 하다の違いとは?

ニュアンスや意味

「ダイエットしようと思って」 「引っ越しするのに大変」 「~するのに、~しようと」の文章を韓国語で表現すると、-려고 하다、-느라고、-고자 하다の3つが出てきます。 当然ですが、これらは使い方やニュアンスが、すべて異なります。

To the top