「~ならいいのに」
「~だったなら」
「~なら」

-면はバリエーションに富んだ表現ができる一方、使い分けが難しくなる文法です。

-면を用いたいわゆる「たられば」の表現にはどんなものがあるのか、ニュアンスごとに紹介していきます。

希望や願望を表す場合

本人の希望や願いを表現する

-면は本人の希望や願望を表す時によく使われます。

나도 키가 크면 좋겠다.
俺も背が高かったらなあ
마법을 쓸 수 있으면 좋겠네요.
魔法が使えたらいいなあ

-면の後ろに좋겠다が入ることで「~ならいいのに」という意味になります。

-면 좋겠다で、そのまま覚えましょう。

周囲に望んでいることを話す場合もある

-면は本人の希望はもちろん、まわりに望んでいることに対しても使えます。

더 이상 이런 실수를 하지 않았으면 해요.
次からはこういう失敗はしないでね
매일 만날 수 있으면 좋을텐데.
毎日会えたらいいのにな
우리 아들도 좋은 대학교에 들어갔으면 싶어.
うちの子もいい大学に入ってくれたらいいんだけど

면の後ろにつづく単語は、좋다の他に하다싶다なども使います。

いずれも「~ならば・・・」のようなニュアンスになります。

-면と-았/었으면(現在形と過去形)の違いは?

希望や願望を表す文にも、-면-았/었으면があります。

現在形か過去形かの違いですが、可能性のないものや低いものには過去形を使うと考えている人は多いかと思います。

나도 키가 컸으면 얼마나 좋을까…
俺も背が高かったらどんにいいだろうか…

背の高い人にあこがれても、身長はなかなか伸びるものではありません。

ましてや大人になってしまえば、背が伸びることはほぼないので、可能性のないものに「-았/었으면 좋겠다」を使うと言えなくはありません。

남자친구가 생겼으면 좋겠어요.
彼氏ができたらいいなあ

しかし彼氏ができるかどうかは、可能性がない・低いとは限らないですよね。

可能性の有無で使い分けているわけではないんです。

強い願望を持っているかが重要

ポイントは、本人がどれだけそれを望んでいるかです。

그 사람이 다시 나한테 돌아왔으면 좋겠어요.
彼がまた私のところに戻ってきてくれたらいいのに

復縁したり、よりを戻すことを다시 시작하다と言いますが、よりを戻したいと思っても、関係が元に戻るかどうかはわかりません。

しかし人間は「手に入りにくいもの」ほど欲しくなる生き物。

可能性が低ければ、それだけ願望も強くなるので「-았/었으면」を使いやすくなるわけです。

また-면の前に「만」が加わると、さらに意味合いが強くなります。

내 곁에 있으면 돼.
お前さえ俺のそばにいてくれればいい
왔으면 한데…
雨さえ降ってくれれば…

日照りが続いて「早く雨が降ってくれ」と願っている農家なら、願いも切実になりますね。

仮定や推測・条件などを表す場合

「後悔」は自分が主語の文になる

仮定の話とも言えますが、あの時~しておけばという後悔の話は、たらればの中でも定番の使い方です。

그 때 고백했으면 사귀고 있을까.
あの時告白してたら付き合っているだろうか
그 때 바로 구입했으면 더 싸게 샀을텐데.
あの時すぐ購入していれば、より安く買ってただろうに

-면を過去形と一緒に使い、なおかつ自分が主語になります。

過去の自分の行いを悔いるのが「後悔」なので、他人が主語にはなりえないですね。

「仮定」は必ずではない話をする(AならBかも?)

数学っぽくなりますが、仮定や推測の話をする場合です。

「A면 B」すなわち「AならB」という文章があるとします。

궁금한 게 있으시면 언제든지 물어보세요.
気になることがあったら、いつでも聞いてください

Aがある時にBもあるわけですが、数学ではないのでAなしでBが成立してもいいし、Aが必須ではありません。

気になることや聞きたいことがあっても、実際に質問するかどうかは、本人の自由です。

나도 서울대를 나왔으면 대기업에 들어갔을텐데.
俺もソウル大を出てたら大企業に入っているのに
일본에 간다면 밥솥을 사 올 수 있어?
日本に行くなら、炊飯器買ってきてくれない?

一流大を出たからといって成功するとは限らないし、炊飯器を買ってくるのも強制ではありません。

「行けたら行きます」のように、ゆるーく考えましょう。

「必須条件」なら確約を意味する(Aなら確実にB)

先ほどとは逆に、今度は「AならB」が必ず成立する場合。

일이 빨리 끝나면 나도 꼭 갈게요.
仕事が早く終わったら、俺も必ず行くよ
난 술만 마시면 금방 자요.
私、飲むとすぐ寝ちゃうんです

冬になれば寒いように、Aの時点で「Bの確定」が約束されています。

「仕事が早く終われば行く、飲むと必ず寝る」といったように、後半の内容が100%成するのがわかります。

거기다 쓰레기를 버리면 안 돼요.
そこにごみを捨てたらだめだよ

ごみを勝手に捨てたら、その時点で「アウト」です。

몸만 오시면 됩니다.
手ぶらでお越しいただければ結構です

手ぶらでもなんでも、とりあえず「来ればOK」です。

ちなみに、手ぶらは빈손ですが、몸만(体だけ)というような表現も使います。

間接話法や-았/었더라に「-면」を使う

間接話法と組み合わせたものを短縮する

間接話法に「-면」が付くことも、よくあります。

間接話法 + -면

-다고 하다 + -면 = -다면
-ㄴ다고 하다 + -면= -ㄴ다면
-라고 하다 + -면= -라면

「-다면、-ㄴ다면、-는다면、-라면」などを、文に組み込んでいきます。

그게 너라면 이게 누구야?
それがお前なら、こっちは誰だ?
본인이 직접 간다면 몰라도…
本人が直接行くのなら、まだしも
당신이 하라면 해야지.
(君が)やれっていうならやるさ

日本語なら「~だとすれば、~ならば、~といえば」といった感じですね。

-았/었더라と一緒の時は「後悔」の文が多い

過去の経験を思い出して話す-았/었더라にも、-면がつくことがあります。

「~していたなら、~していなかったら」というようなニュアンスです。

차를 안 가지고 갔더라면 사고는 안 났을텐데…
車で行ってなかったら、事故は起きなかったのに

思い起こした過去の行動に、仮定を意味する-면が付き、実際にとった行動とは逆のことを想像しながら話します。

끝까지 포기하지 않았더라면 이겼을지도 모르는데…
最後まであきらめてなかったら、勝てたかもしれないのに
좀 더 일찍 나왔더라면 막차를 놓치지 않았을텐데…
もう少し早く出て来てれば、終電逃さなかったのに

内容としては、後悔に近いものが多くなります。

まとめ

1.願望は過去形だとさらに意味が強くなる
-면:~なら
-았/었으면:~だったなら

2.-면を過去形と使うと後悔
-았/었으면

3.仮定や推測
AならB…かもしれない

4.条件
Aなら確実にB

5.間接話法と-면
仮定や条件の文
省略して使う

6.-았/었더라と-면
仮定や後悔の文
実際の行動とは逆の内容

仮定や条件、願望などは、人によってとらえ方が多少変わることもありますが、少しづつ慣れていきましょう。