一口にやめると言っても「辞める」や「止める」など、いろんな語彙があります。

韓国語も同じで그만하다や그만두다などがありますが、これらはどう使い分ければいいでしょうか。

今回は韓国語で「やめる」を意味する言葉を紹介していきます。

今やっていることをやめる「그만하다」

進行中の動作を止め、ものごとを中断すること

그만하다は「手を止める、中断する」といったニュアンスで使う言葉です。

공부는 그만하고 밥 먹으러 가자.
勉強はやめてごはん食べに行こう
알았으니까 잔소리는 좀 그만해라.
わかったから小言はそのくらいにしろよ
이제 전쟁이나 싸움질은 그만하고 평화로운 세상이 됐으면 합니다.
もう戦争や争いはやめて、平和な世の中になればと思います

勉強や仕事などであれば「ひとまずやめる」のような意味になるし、説教や小言なら「いいかげんにしろ」といった話ですね。

ただし中断と言っても「5分休憩してまた勉強する」といったように、すぐに再開はしない(ずっと再開しないこともある)のがポイントです。

하다を他の言葉にして「ほどほどにする、そのくらいにする」

그만하다の하다の代わりに他の語彙を使うこともできます。

이제 그만 집에 가자.
そのくらいでもう家に帰ろう

「そのくらいで切り上げて、もう行こう」と言いたい時などには、그만 가자となります。

이제 그만 화를 풀어요.
いい加減に機嫌直せよ
매일 날씨만 습해 가지고 이제 비가 그만 왔으면 하는데.
毎日ジトジトして、もう雨はかんべんしてほしいんだけど

비가 오다と使えば「雨が止んでほしい、降ってほしくない」ということですね。

そのくらいで、その程度でというニュアンスに対して、どんな言葉をつなげていくかは使う人次第です。

形容詞の그만하다には注意しよう

그만하다は「その程度だ、そのくらいだ」という形容詞としてもこともあります。

상처가 그만하면 불행중 다행이었어요.
傷がその程度なら不幸中の幸いでしたよ
그만한 일로 뭘 그렇게 화내요?
そのくらいのことで何を怒ってるの?
비싼 돈 주고 산다는 건 그만한 가치가 있다는 겁니다.
高いお金を出して買うということは相応の価値があるってことです

形容詞になると、動詞とは使い方も意味も変わります。

動詞:そのくらいにする
形容詞:そのくらいである

やめるという意味で使う時とは別に考えましょう。

今までやってきたことをやめる「그만두다」

仕事や会社を辞める時によく使う

그만두다は「辞める」の意味でよく使われます。

지난 달에 직장을 그만뒀어요.
先月職場を辞めました
배우를 그만두고 영화감독이 되려고요.
俳優をやめて映画監督にになろうと思うんだ
남자든 여자든 누구나 일을 그만두고 싶을 때가 종종 있습니다.
男性も女性も、誰だって仕事を辞めたいと思うことは時々あります

自らの意思で仕事をやめる、職場を退職するような場合にはおなじみの語彙ですね。

長く続けてきたことをやめる時

그만두다が그만하다と異なるのは、続けてきたことをやめてしまうという点です。

너무 힘들어서 다이어트는 그만뒀어요.
すごいきついからダイエットはやめました
학업에 집중하려고 가수를 그만뒀다고 해요.
学業に専念しようと歌手を辞めたようですよ
31살 때 회사를 그만두고 크리에이터의 길을 선택했답니다.
31歳の時に会社を辞めてクリエイターの道を選んだそうです

これまでやってきたことをやめてしまうので、勉強や運動などはもちろん、学校や会社をやめるといった時にも使うわけです。

二度とやらないかもしれないことがポイント

그만두다は一度やめてしまったことを、二度とやらないかもしれないのもポイントです。

4년제 대학 그만두고 전문대로 들어갈까 고민중이에요.
4年制大学をやめて専門学校に入ろうか悩んでいます

一般的に学校をやめた場合、再び同じ学校に入りなおすことはまずないと思います。

착한 사람을 그만두면 마음이 편해질 거예요.
いい人をやめれば気持ちも楽になると思いますよ
운동을 그만두고 싶을 정도 연습을 많이 했습니다.
スポーツをやめてしまいたいくらいたくさん練習しました

時間をおいて再開するかどうかはその人次第とはいえ、二度とやらない可能性もあるのが그만두다です。

「好きなもの」をやめる時には?

コーヒーやたばこなど、嗜好品には「끊다」

好きなものをやめる場合には、끊다を使います。

主に「お茶、コーヒー、たばこ」などの嗜好品に用いられる場合が多いです。

그 날부터 술을 끊었고 빗도 다 갚았답니다.
その日以来酒はやめ、借金もすべて返したそうです
역시 디자트를 끊을 수가 없어요.
やっぱりデザートはやめれません
담배를 지 못하는 이유는 중독성 때문입니다.
タバコをやめれないのは中毒性のせいです

まさに好きなものやその誘惑を断つイメージですね。

個人的にはコーヒーがやめれません!

食べ物以外の楽しみ「趣味」には否定文を使おう

嗜好品は一般的に「口にするもの」を指します。

そのため車やバイク、あるいはゲームといった「操作すること」によって楽しみや満足感が得られるものではどうでしょう。

더 이상 게임을 안 할게요.
もうゲームはしません
앞으로는 오토바이를 안 탈 거야.
今後バイクには乗らないよ

끊다を使ってもいい場合もありますが、趣味といえるものにはを使いましょう。

もちろんすべての趣味に안を使うわけではないですが、否定文を使うケースがあることも知っておくといいと思います。

好きなものをやめるって難しいですが、何かを続けることもまた難しいですね。