韓国語を学んでいる人が間違えやすいのが「助詞の使い方」です。

いつどのような時に、どの助詞を使えばよいのか、迷ってしまう人は多いと思います。

そこで今回は、韓国語の助詞の基本的な使い分けをまとめてみました。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

韓国語の「~が」

主語に使うことが多い「-이/가」

主語に使われることが多い助詞で、日本語の「~が」に相当します。

여기는 찌개 진짜 맛있거든요.
ここはチゲが本当においしいんです
이제 기름 떨어졌습니다.
もうガス欠です

組み合わさる名詞に対して、パッチムのあるなしで-이/-가を使い分けましょう。

「-이/가」に見えても違うケース

助詞-이/가にのように見えながらも使い方が全く異なるケースもあります。

어렸을 때 꿈이 소방관 되는 것이었습니다.
幼い時の夢は消防士になることでした

되다と一緒に使う-이/가がそうです。

あるいは呼び捨てのような言い方として、名前に-이が付くこともあります。

연실가 안 보이는데 어디 갔어요?
ヨンシルが見当たらないけどどこ行ったの?

これは接辞とよばれるもので、言いやすくするために-이が入ると思えばいいです。

名前に-이が付くことでパッチムがない状態と同じようになり、-가や-는などの助詞を使うことができます。

主語が団体の場合は「-에서」

「団体」が主語になる場合、助詞に-에서を使うこともあります。

회사에서 보상금을 지급해 준답니다.
会社が補償金を支給してくれるそうですよ
학교에서 면접을 한다고 들었어요.
学校で面接をするって聞きました

日本語も団体が主語の場合に「~で」を使うことがあるのと同じですね。

とは言っても、必ず-에서を使わなくてはいけないというものでもありません。

尊敬語の場合は「-께서」

-이/가を敬語で使いたい時は-께서になります。

아까 교수님께서 좋은 이야기를 하셨습니다.
さっき教授がいい話をされました

ただ日常会話で-께서を使う場面は少ないと思います。

というのも特別に持ち上げなければならない相手でもない限り、使う必要がないからです。

과장님 어디 가신 거예요?
課長はどちらへ行かれたんですか?

-님が付いているだけでも尊敬語としては十分なので、よほどの人でない限り-께서を使わなくても問題ありません。

韓国語の「~は」

「-은/는」も使用頻度が高い助詞

日本語の「~は」に相当する助詞が-은/는です。

이거 재주도에서 나온 귤이에요.
これは済州島で採れたみかんです
가을의 설악산 등산을 즐기는 이들로 넘쳐납니다.
秋の雪嶽山は登山を楽しむ人たちであふれかえります

日本語とほぼ同じような感覚で使うことができます。

ただし日本語では「~は」を使うのに、韓国語では-은/는を使わない時があります。

より自然に助詞を使いこなすためには、-이/가と-은/는の使い分けも知っておくといいでしょう。

尊敬語の場合は「-께서는」

-은/는を敬語で使う時は-께서는となります。

사장님께서는 외출중이십니다.
社長は外出中です

これも-께서と同じく特別に尊敬している人に対してのみで十分なので、普段は使わなくても構いません。

もちろん個人的にリスペクトしている人がいるなら-께서는を使ってもOKです。

韓国語の「~に」

時間や場所には「-에」

「~に」には-에を使い、終着点となる場所や時間を表します。

이번 주부터 부산 출장을 갑니다.
今週からプサンに出張に行きます
내일은 오후 2시반 오세요.
明日は午後2時半に来てください
동생은 10년전부터 미국 있어요.
弟は10年前からアメリカにいます

パッチムの有無も関係なくそのまま使えるのでシンプルです。

ちなみに目的地を示す場合に限り、-에の代わりに-로を使うこともできます。

다음 달에 인도 여행 가요.
来月インドに旅行に行きます

この場合-로の前に入るのは「場所」になります。

人に対して使う場合

人に対して使う「~に」は-에게になります。

아버지에게 그런 이야기를 들었습니다.
父からそういう話を聞きました
이걸 그 사람에게 전해 줄래요?
これをあの人に渡してもらえる?

こちらもパッチムの有無は関係ありませんが、文脈によっては「~から」のような文になります。

時間や場所には-에、人には-에게と覚えましょう。

人に対してのみ使える「-한테」

人に対してのみ、-에게の代わりに-한테を用いることもできます。

남자친구한테 선물을 받았어요.
彼からプレゼントもらいました
엄마한테 드릴 선물을 찾으려고 백화점에 가요.
お母さんにあげるプレゼントを探しにデパートに行きます

-한테は口語に用いられ、-에게は文語での使用がメインになります。

ちなみに-한테や-에게を尊敬語にしたい場合は、-께にしましょう。

乗り物に乗る場合は「-을/를」

乗り物などに使う「~に」には-을/를を使います。

서울에서 고속버스 타고 왔어요.
ソウルから高速バスに乗って来ました
기차 안 타면 시간이 많이 걸려요.
汽車に乗らないと時間がかかるよ

乗り物の-을/를はそのまま覚えましょう。

韓国語の「~で」

場所を表す「-에서」

場所を表す「~で」には-에서を使います。

카페에서 커피를 마시면서 공부하고 있습니다.
カフェでコーヒー飲みながら勉強しています
어렸을 때 학교에서 먹었던 그 맛이에요.
小さい時学校で食べたあの味です

場所は小さいエリアから大きい地域まで様々です。

根拠を表す時にも使う「-에서」

話のネタや材料といった情報の根拠を表す時にも-에서を使うことがあります。

블로그에서 맛집이라고 나왔는데요.
ブログでおいしい店だって出てたよ
동메달을 땄다고 뉴스에서 봤어요.
銅メダル取ったって、ニュースで見たよ

日本語でも「新聞で読んだ、テレビで見た」といった言い方はするので、似ているのではないでしょうか。

金額の基準や料金を支払う時の目安の「-에」

金額の基準を話す時に「~で」と言ったりしますが、この時に使うのが-에です。

고급 호텔에 묵는다면 1박 얼마 정도 필요해요.
高級ホテルに泊まるなら一泊でいくら程度必要ですか?
이 동네 노래방은 평균 1시간 만원 정도예요.
このエリアのカラオケは平均1時間で1万ウォンくらいです

料金を支払う時の目安として、こういう言い方は必須ともいえるので、必ず覚えておきましょう。

韓国語の「~から」

時間や行動の範囲・順番には「-부터」

「〇〇から△△まで」のような表現には-부터が使われます。

1시부터 회의를 시작합니다.
1時から会議を始めます
오늘은 136페이지부터 공부할 거예요.
今日は136ページから勉強します

부터は時間や動作の範囲、順番を表す場合に用います。

場所や動作の出発点・基準点・スタート地点「-에서」

ものごとの基準点や出発点には-에서/서を使いましょう。

여기 가면 멀지는 않을 거예요.
ここから行けば遠くはないはずですよ
서울에서 부산까지 얼마나 걸려요?
ソウルからプサンまでどのくらいかかりますか?
기온이 10도에서 영하 5도까지 내려갔어요.
気温が10度からマイナス5度まで下がりました

-에서を短くすると-서になります。

韓国語の「~の」

省略されることも多い「-의」

日本語の「~の」に相当し、後ろにくる単語の所有、所属、属性、方向、特性などを表します。

서울 겨울은 아주 추워요.
ソウルの冬はとても寒いです
이 책 내용은 저한테는 어렵습니다.
この本の内容は私には難しいです
딴 짓 하다가 앞 차량에 들이박았답니다.
関係ないことしてたら前の車に突っ込んだそうです

日本語と違うのは省略されることが多いことです。

「-의」の省略ができない場合

次のような場合は-의の省略ができなくなります。

の省略ができないケース

1.数を表す時
사과
4個のりんご
딱 하나 희망
たった一つの希望

2.比喩的な表現
침묵 시간
沈黙の時間

3.後ろの名詞を説明する一部分
일본 눈이 많은 지역.
日本の雪が多い地域
범인 뻔뻔한 태도.
犯人の図々しい態度

簡単に言うと、-의が抜けると文の意味がおかしくなってしまう場合、省略はできなくなります。

「-의」は1つの意味だけではない?

-의が使われた文ではニュアンスが複数になる場合もあります。

例えば「친구의 편지」という言葉には次のような意味が含まれています。

1.友達がもらった手紙
2.友達が書いた手紙
3.友達が持っている誰かの手紙

どういったニュアンスになるかは場面によって変わります。

こういうケースに遭遇した時は文の前後などから意味を把握しましょう。

その他の助詞「~を、~と」

目的語に使う「~を」

「~を」に相当する助詞には-을/를を使います。

김밥 세 개에 2000원으로 샀어요.
キムパを三つで2000ウォンで買いました
백신 맞으려고 병원에 전화해서 예약했어요.
ワクチンを打とうと病院に電話して予約しました
회의 마친 후 귀국할 예정입니다.
会議を終えた後、帰国する予定です

いわゆる「目的語」に当たる表現です。

ただ-을/를を「~を」に訳せないケースもたくさんあります。

その場合は「-를 ~다」のようにまとまりとして表現を覚えてしまうのがいいでしょう。

複数を表す「-와/과、-하고、-랑」

複数の「~と」を表す助詞には-와/과、-하고、-랑が使われますが、使う場面が変わってきます。

-와/과:文語あるいは公式的な場での使用が多い
-하고:口語での使用が多いもののオールマイティ
-랑:プライベートな場面で使う話し言葉
강한 비 바람이 동반한 날씨가 예상됩니다.
強い雨と風を伴う天候が予想されます
이거하고 저거는 가격이 달라요.
これとあれは値段が違います
잠깐 얘기 좀 해요.
ちょっと話があるんだけど

-와/과や-하고はニュースなどで頻繁に出てきます。

また注意しておくべきことは-랑は文語で使わないことです。

よく使う助詞の一覧

助詞 意味
-이/가 ~が 친구가
선생님이
-은/는 ~は 친구는
선생님은
-와/과
-하고
-랑
 ~と 친구와
선생님하고
친구랑
-을/를 ~を  친구를
선생님을
-부터 ~から
(範囲、順番)
1시부터
1페이지부터
-에서 ~から
(出発点)
학교에서
-에서 ~で
(場所)
학교에서
-에서 ~で
(根拠)
뉴스에서
-에 ~で
(基準)
한 달에
다섯 개에
-에 ~に(時間)
~に(場所)
1시에
학교에
-에게
-한테
~に(人) 선생님에게
친구한테
-을/를 ~に(乗り物)  버스를
지하철을
-의 ~の  친구의

日本語と同じ使い方をする助詞もあれば、同じ意味でも異なる助詞を使う場合もあります。

また「人、物、場所、時間」などによっても、組み合わせる助詞は変化します。

数も多いので少しづつ覚えていきましょう。