았/었더라の意味

더라の使い方の続きになります。

過去の出来事や当時の気持ちなどを思い出して話す더라に「過去形」が組み合わさると、どのようなニュアンスになるのでしょうか。

今回は、더라と았/었더라の違いを解説していきます。

Ads

過去の出来事を思い出す場合

더라に「-았/었」が付くと『完了』になる

過去の体験などを思い出して話をする時に使うのが、더라です。

その時、周りがどういう状況だったのかを話すと思えばいいでしょう。

そして、この더라に「-았/었」を付けたのが、-있/었더라です。

-았/었더라は「すでに終わったこと、完了したこと」を思い出すというのが、더라と違う点です。

더라と았/었더라

兵士-R

아침에 일어나니까 비가 오더라고요.
朝起きたら、雨が降っていたよ
(未完了)

兵士-L

아침에 일어나니까 비가 왔더라고요.
朝起きたら、雨が降ったようだったよ
(完了)

더라は「自分が見た時には、まだ雨が降っていた」というニュアンスです。

一方の왔더라は「地面が濡れているのを見て『雨が降った』のがわかった」という意味になります。

つまり「自分が見た時点で、すでに雨は止んでいた」ということです。

主語が2人称でもOK

2人称もOK

더라は自分が見聞きした「他人の行動」について話すので、第三者が主語になるという原則がありました。

しかし、았/었더라は「すでに完了していること」を思い出すので、話相手(2人称)が主語でも問題はありません。

이소룡-R

그 때 넌 열심히 공부하고 있었더라.(〇)
あの時、お前は熱心に勉強していたな

이소룡-L

그 때 난 열심히 공부하고 있었더라.(×)
あの時、俺は熱心に勉強していたな

しかし、自分が主語の場合は使えません。

過去の自分の行動なら、単に過去形を使えばいいからです。

Ads

過去に思ったことや感じたことを表す時

더라と았/었더라で変わる印象

自分が「感じたことや思ったこと」を話す時にも、더라を使います。

と言っても「未完了の더라」と「完了の았/었더라」で話した時では、まったく異なる意味になります。

김철수-R

서울은 많이 춥더라고.
ソウルはすごい寒かったよ

김철수-L

서울은 많이 추웠더라고.
ソウルはすごい寒かったよ

더라は未完了なので「ソウルは今も寒い」という意味になります。

しかし、았었더라は完了なので「その時は寒かったけど、今は違うかもしれない」というニュアンスになります。

過去と今で変わった点がある時

더라と았었더라を使い分けるポイントは、過去と今で異なる点がある時です。

정현주-R

거기 찐빵이 너무 맛있더라고요.
あそこの肉まん、すごいおいしかったよ
※찐빵=肉まんやあんまんなどの「蒸しパン」の類

정현주-L

거기 찐빵이 너무 맛있었더라고요.
あそこの肉まん、すごいおいしかったんだよ

맛있더라であれば「今もおいしい」という意味です。

しかし、맛있었더라なら「あの時はおいしかったけど、今はどうかな」というニュアンスです。

Ads

았/었더라でも「完了」ではない時

名詞には完了もない

았/었더라でも、完了を表さない場合があります。

김선아-R

그 식당 이름이 뭐였더라?
あの店の名前なんだっけ?

박석중-R

어제 지하철에서 만난 사람이 누구였더라?
昨日地下鉄で会った人、誰だっけ?

動詞や形容詞(状態や動作)と違い、名詞には完了もなにもありません。

名詞には이다が付くので、이다を過去形「-이었/였」にして、더라を組み合わせます。

まとめ

1.더라は未完了
「今も続いていること」を思い出す

2.았/었더라は完了
「すでに終わっていること」を思い出す

3.았/었더라と名詞
名詞に完了も未完了もない

旅行から帰った後、現地の雰囲気などを伝える時にも더라は使えます。

友達と話す時にでも、使ってみてください。