못/지 못하다の違い

못で「~できない」という不可能を表現する場合、하다動詞と使うことはできません。

ところがちょっと工夫するだけで、これを可能にする方法があります。

そこで今回は못を使った否定文について、その特長や応用など解説していきます。

못の短い否定文の特徴

動詞と一緒に使うのが基本

動詞の前に못をつけるだけで、「~できない」という文を作ることができます。

현금이 부족해서 못 사요.
現金が足りなくて買えません
다리가 나무 아파서 더 이상 못 걷겠어요.
足がすごい痛くて、これ以上歩けません
어디 갈 때도 화장실을 못 참아서 편이점이라도 들러야 해요.
どこかに行く時もトイレが我慢できなくて、コンビニとかに必ず寄ります

組み合わさるのは「動詞のみ」が基本です。

하다動詞や形容詞には使えない

하다動詞や形容詞の前に못を置くことはできません。

아직은 못 퇴근해요.
まだ帰れないよ (×)
오늘은 못 추워요.
今日は寒くない (×)

こういう場合、하다動詞は-지 못하다で表現することになります。

また一部の形容詞も-지 못하다と一緒に使うことは可能です。

하다動詞は分解すると短い否定文に使える

하다動詞を分離すれば、短い否定文として使うことが可能になります。

아직은 결정을 해요.
まだ決定できません
순진한 성격이고 거짓말을 해요.
純粋な性格で、ウソをつけません
어려운 방법이 아닌데도 미쳐 생각을 했어요.
難しい方法でもないのに、全く思いつかなかったです

こんな感じにすることで”못 하다”としても表現することができます。

短い表現は口語で使われる傾向が強いため、못の否定文でもこのような使い方はよく見られます。

長い否定文「-지 못하다」の特徴

短い否定文では使えない単語もOK

못の短い否定文では使えない하다動詞も、-지 못하다なら表現が可能です。

요즘은 시간이 없어서 공부하지 못해요.
最近は時間がなくて勉強できません
오후 7시까지는 퇴근하지 못해요.
午後7時までには帰れないよ
자가경리돼서 2주동안 일하지 못합니다.
自宅待機になって、2週間働けません

ここまでは못の否定文の基本的な使い方です。

-지 못하다を形容詞に使うパターンとは?

形容詞を-지 못하다と使うというのはどんなケースでしょうか。

期待に対して「結果」が好ましいものではない場合には、形容詞でも-지 못하다を使うことがあります。

아이가 똑똑하지 못해요.
子供が賢くないんです
과일이 신선하지 못하네요.
果物が新鮮じゃないですね
오늘은 날씨가 좋지 못하구나.
今日は天気がよくないな

バカな子供を望む親はいませんし、野菜や果物は新鮮な方がいいに決まっています。

天気が悪いのも、通常なら안の否定文を使います。

しかし「バーベキューを計画していた」など、その日の天候に期待していたのにがっかりとなれば、形容詞に못の否定文を使うことができます。

못を形容詞に使った例

못を形容詞に使った例として、こういうのもあります。

밑줄 친 부분의 과거형으로 알맞지 못한 것을 고르십시오.
下線部の過去形としてふさわしくないものを選びなさい。

問題文の一部に-지 못하다が使われているようなケースです。

正しく書かれているべきなのにそうでないものがあるというニュアンスです。

試験を受ける時に問題用紙にこのような書き方があるか探してみるのもいいでしょう。

못の否定文を間接話法と使う

短い否定文を間接話法にする

못を間接話法で使う場合の文型も押さえておきましょう。

못 + 間接話法

動詞(パッチムなし)
・못 가다 + -ㄴ다고 하다
= 못 간다고 해요
= 못 간대요

動詞(パッチムあり)
・못 먹다 + -는다고 하다
= 못 먹는다고 합니다
= 못 먹는답니다

動詞の前に못を置くだけ!

선물로 받은 거라 못 버린다고 해요.
プレゼントでもらったので捨てれないそうです
수연이는 자전거를 못 탄답니다.
スヨンは自転車に乗れないそうです
예방접종을 맞아서 내일까지 못 씻는대요.
予防接種を受けたので明日まで入浴できないそうです

-다고 하다の前に못を置き、あとは間接話法の基本的な使い方に沿って短縮などを行えばOKです。

長い否定文を間接話法にする

長い못の否定文を間接話法で使うとこうなります。

-지 못하다 + 間接話法

・사지 못하다 + -ㄴ다고 하다
= 사지 못한다고 해요
= 사지 못해요

・쓰지 못하다 + -는다고 하다
= 쓰지 못한다고 합니다
= 쓰지 못한답니다

사람은 욕심을 쉽게 보리지 못한다고 합니다.
人は簡単に欲を捨てれないと言われています
계약 내용상 회사는 책임을 지 못한답니다.
契約上、会社は責任を問えないようです
갑자기 일이 생겨서 친구를 만나지 못했답니다.
急に仕事が入って、友達に会えなかったそうです

-지 못하다をパッチムがない動詞の間接話法の形に合わせて変えれば大丈夫です。

否定文を間接話法と一緒に使えるようになると表現できることが増えるので、作文などでも有利になります。

안の否定文と合わせて、どんどん使ってみてください。