「~しない」をマスターしたら、その次に覚える否定の文法は못/-지 못하다です。

得意・不得意の잘/못とは違う「~できない」を使った表現を練習してみましょう。

いわゆる不可能なことを表す文です。

「못、-지 못하다」の使い方

できないことや不可能を話す

못は「できないこと、不可能なこと」を表現する時に使います。

「不可能」を表す否定文

안の文
오늘은 학교에 안 가요.
(今日は学校に行きません)

못の文
오늘은 학교에 못 가요.
(今日は学校に行けません)

ただし得意・不得意の못と違い、能力やスキルとは関係のない「できないこと」を表します。

「できない」の文も2種類ある

안の文と同じく、못の否定文にも2種類あります。

못/-지 못하다 + 動詞

1.못 + 動詞
가다
사다
만나다

2.動詞の語幹 + -지 못하다
지 못하다
지 못하다
지 못하다

「못-」のように短く表現するものと、長い否定文である「-지 못하다」を使い分けることになります。

短い못の否定文

6시까지는 못 가요.
6時までには行けません
내일은 친구를 못 만나요.
明日は友達に会えません
(만나다)

못を動詞の前に置くだけなので簡単ですが、一部の語彙には使えません。

長い못否定文

아직은 지원금을 받지 못했어요.
まだ支援金を受け取っていません
(받다)
TV가 고장 났어요. 그래서 TV를 보지 못해요.
テレビが壊れました。だからテレビが見れません
(보다)

長い否定文では、動詞の語幹に-지 못하다を組み合わせます。

また못の否定文は、理由を表す文と一緒に使うことも多いです。

못の否定文で気をつけるべきことは?

하다動詞には使えない

안の否定文の使い方と同じく、하다動詞の前に못をそのまま置いて使うことはできません。

감기에 걸렸어요. 그래서  운동해요.
風邪をひきました。だから運動できません (×)
집에 칼이 없어요. 그래서 요리해요.
家に包丁がありません。だから料理できません (×)

こういう時は、-지 못하다で表現するのが基本です。

감기에 걸렸어요. 그래서 운동하지 못해요.
風邪をひきました。だから運動できません (ㅇ)
집에 칼이 없어요. 그래서 요리하지 못해요.
家に包丁がありません。だから料理できません (ㅇ)

もし하다動詞を「못」で使いたい時は、少し工夫する必要があります。

못하다と못 하다の違い

不得意を表す「못하다」と、不可能を意味する「못 하다」の違いも覚えておきましょう。

不得意の못하다

・能力が備わっていない
・技量が十分な水準にない

전 운전을 못합니다.
私は運転できません

スキルや能力がないという意味なので、運転技術がないという話になります。

得意・不得意といった能力に関係した話題によく使われます。

不可能の못 하다

・できる状況にない
・できる環境にない

전 운전을 못 합니다.
私は運転できません

お酒を飲んだのであれば、運転技術とは関係なしに運転はできませんね。

本人のスキルとは関係ない他の原因によって、不可能な状態になっているいうニュアンスです。

ただ못하다と못 하다を音だけで区別するのはほぼ無理なので、前後の文脈から判断することになります。

못で否定文を作ってみよう

短い否定文にしてみる

못の短い否定文を作ってみましょう。

일주일 동안 계속
一週間ずっと休めません
(쉬다)
여기서는 사진을
ここでは写真は撮れません
(찍다)
표가 없어요. 그래서 안에
チケットがありません。だから中に入れませんでした
(들어가다)
이건 사이즈가 안 맞아요. 그래서 저는
これはサイズが合いません。だから私は着れません
(입다)

※解答はタップすることで確認できます

長い否定文にする

못の長い否定文を作ってみましょう。

저만 자전거를
私だけ自転車に乗れません
(타다)
요즘 책을
最近本を読んでないです
(읽다)
지난 주는 모임에
先週は集まりに参加できませんでした
(참석하다)
이따가 운전해요. 그래서 술을
後で運転します。だからお酒は飲めません
(마시다)

※解答はタップすることで確認できます

スキルがあろうがなかろうが、何か理由があってもなくても、できないものは「できない」ことに変わりはありません。

細かいこと考えずどんどん使いましょう。