否定文「~しない」と合わせて、必ず覚えなければいけないのが못/-지 못하다です。

못といえば得意・不得意について話す時にも使われますが、잘/못とはまた異なるニュアンスです。

今回は不可能なことを表現する文「~できない」を練習してみましょう。

「못、-지 못하다」の使い方

できないことや不可能を話す

能力やスキルとは無関係の、いわゆる「できないこと、不可能なこと」を表現する時に使います。

「不可能」を表す否定文

안の文
오늘은 학교에 안 가요.
(今日は学校に行きません)

못の文
오늘은 학교에 못 가요.
(今日は学校に行けません)

風邪をひいて学校に行くのが難しいなど、何かしらの理由によって不可能であるというニュアンスになります。

「できない」の文も2種類ある

못の否定文も안の文と同じく2種類あります。

못/-지 못하다 + 動詞

1.못 + 動詞
가다
사다
만나다

2.動詞の語幹 + -지 못하다
지 못하다
지 못하다
지 못하다

못-のように短く表現するものと、長い否定文である-지 못하다を使い分けます。

短い못の否定文

저는 6시까지는 못 갑니다.
私は6時までには行けません
(가다)
지금은 서울역에서는 지하철을 못 타요.
今ソウル駅からは地下鉄に乗れないですよ
(타다)
여기서는 버스를 못 내려요.
ここじゃバスから降りれません
(내리다)
우리 집에서는 12시 이후 TV를 못 봐요.
我が家では12時以降テレビを見れません
(보다)

못を動詞の前に置くだけなので簡単ですが、一部の語彙には使えません。

長い못否定文

내일도 친구를 만나지 못해요.
明日も友達に会えません
(만나다)
아직 지원금을 지 못해요.
まだ支援金を受け取っていません
(받다)
너무 시끄러워요. 그래서 공부하지 못해요.
すごいうるさいです。だから勉強できません
(공부하다)
아직은 계획을 세우지 못합니다.
まだ計画を立てれません
(세우다)

長い否定文は動詞の語幹に-지 못하다を組み合わせますが、短い못の否定文と違い、組み合わせる語彙に制約はなくなります。

못の否定文で気をつけるべきことはあるの?

하다動詞には使えない

안の否定文の使い方と同じく、하다動詞の前に못をそのまま置いて使うことはできません。

감기에 걸렸어요. 그래서  운동해요.
風邪をひきました。だから運動できません (×)
집에 식칼이 없어요. 그래서 요리합니다.
家に包丁がありません。だから料理できません (×)

こういう時は、-지 못하다で表現するのが基本です。

감기에 걸렸어요. 그래서 운동하지 못해요.
風邪をひきました。だから運動できません (ㅇ)
집에 식칼이 없습니다. 그래서 요리하지 못합니다.
家に包丁がありません。だから料理できません (ㅇ)

ただし一工夫することで、하다動詞を못の短い否定文で使うことはできます。

不得意と不可能の違いをすぐ判断するのは難しい?

못には不得意と不可能のニュアンスがあるわけですが、違いも押さえておきましょう。

不得意の못하다

・能力が備わっていない
・技量が十分な水準にない

난 운전을 못해요.
私は運転できません

スキルや能力がないという意味なので、運転免許を持っていないといった話になります。

不可能の못 하다

・できる状況にない
・できる環境にない

오늘은 차를 운전 못 합니다.
今日は車を運転できません

お酒を飲んで酔った状態などであれば、車はもちろん自転車に乗るのも危ないですが、こういうのは本人のスキルとは関係ないですね。

ただこうした違いを音だけで区別するのはほぼ無理なので、前後の文脈やその場の状況から意味を判断することになります。

スキルがあろうがなかろうが、何か理由があってもなくても、できないものは「できない」ことに変わりはありません。

細かいこと考えずどんどん使いましょう。