진짜と정말はどちらも「本当」を意味する言葉です。

同じようなニュアンスで使うことが多いため入れ替えができるのですが、場合によってはそれがまずいケースもあります。

そこで진짜と정말の違いや使い分けなどについて解説していきます。

※サンプル音声がある場合、例文の横のスピーカーのマークを押すと音声が再生されます。

「本当」を意味する韓国語にはどんなものがある?

진짜と정말の本来のニュアンス

진짜と정말の本来の意味を簡単に言うと、次のようになります。

진짜:真実である、本物である
정말:嘘や偽りがない

진짜?と聞けば「本当のことを言ってるんだね?」というニュアンスになり、정말?なら「その言葉に嘘や偽りはないんだね?」となります。

早い話、聞き方が違います。

意味としては同じようなことを言っていても、そこにたどり着くまでのアプローチが異なるの진짜と정말です。

진짜と정말を使い分けるべき状況もある

ニュアンスがほぼ似ていると言っても、진짜と정말を使い分けないといけない時はあります。

それは目上の人と話す場合や公の場などです。

이거는 정말 중요한 안건입니다.
これは本当に大事な案件です
거기는 진짜 좋은 물건만 팔아요.
あそこは本当にいいものだけ売っています

진짜には「マジで、ガチで」のようなくだけたニュアンスもあります。

友達との会話と違い、仕事の場などでは使用を控えた方がいいでしょう。

数学でよく使う참も「本当」を意味する

진짜や정말の他に本当を意味する言葉として、もあります。

참には理にかなっていて正しいことを意味し、数学の真偽を問う問題などによく使われます。

다음 공식은 인가? 거짓인가?
次の公式は真か?偽か?

다음 공식은 참인가 거짓인가?

1.(x+y)² = x²+2xy+y²

2.(x-y)² = x²-2xy+y²

3.(x²+y)² = x⁴+2xy+y⁴

数学で참が使われるのは公式や法則が成立するかを問う問題があるからですね。

真偽と言えば難しく聞こえるかもしれませんが、物事としてちゃんと成り立つかどうかと考えてみましょう。

진짜や정말以外にも「本当」を意味する言葉はあるの?

次の文にはどんな言葉が入るか考えてみましょう。

ただし진짜と정말を使ってはいけません。
※答えはタップして確認できます

저 사람 말이
あの人の言うことは本当です
뇌물을 받았다는 의혹은
賄賂を受け取ったという疑惑は本当ですか?

直訳すると「事実なの?」となります。

진짜や정말も間違いではないですが、こういう言い方も覚えておきましょう。

진짜や정말はどんな時に使う?

「事実かどうか」を確認をする

話が本当なのか事実について確認したい時に진짜や정말が用いられることがあります。

얼마 전에 김지섭씨가 결혼했다고 하네요.
ついこの前キム・ジソプさんが結婚したようだよ
정말 김지섭씨가 결혼했어요?
本当にキム・ジソプさんが結婚したの?

疑問文に用いられ、진짜と정말どちらでも意味に変わりはありません。

「本当であること」を主張する

진짜や정말を肯定文に使い、自分の話が「本当だよ」とアピールすることもあります。

넌 어제 감기 걸렸다고 회사 땡땡이 친 거 맞지?
あなた昨日風邪ひいたって会社さぼったでしょ?
아니야, 어젠 나 진짜 아팠어.
嘘じゃないよ。昨日は本当に具合が悪かったんだよ

疑問文とはまたニュアンスの異なる使い方ですね。

「本当に、すごく」意味を強める言葉として使う

진짜や정말が後ろに来る言葉の意味を強めることもあります。

이거 진짜 재미있으니까 한번 봐 봐요.
これすごい面白いから、ちょっと見てみて
중국어를 정말 잘하시는데 어디서 배우셨어요?
中国語が本当に上手ですけど、どちらで習われたんですか?

話を強調する時に「すごい、マジで、本当に」という言葉が入るのは日本語も同じですね。

참もニュアンスを強める時に使われる

ちなみに참も意味を強める時に使うことがあります。

오늘은 날씨가 좋네요.
今日は本当に天気がいいですね
설악산은 경치가 아름답습니다.
雪嶽山は景色がすごく綺麗です

こういうケースであれば「진짜、정말、참」どれもを使っても同じということですね。

また참も公の場でも使える語彙です。

自分が使いそうなものはパターンとして覚えてしまいましょう。