得意不得意を表す「잘、못」を使って問題をやってみましょう。

※先に解説を読んでから問題に取り組むと、さらに理解が深まります。

ニュアンスに合わせて잘や못を使い分けてみましょう

※解答はタップすると確認できます

1) 달리기/잘 못

전 달리기를
私は走るのが速くないです

2) 잘/끓이다

언니는 찌개를
お姉ちゃんはチゲが得意です

3) 잘 못/치다

민기는 탁구를
ミンギは卓球が上手ではありません

4) 수영/못

난 전혀 수영을
私はまったく泳げません

5) 잘/부르다

효진씨는 노래를
ヒョジンさんは歌が上手です

6) 운전/잘

지수씨는 운전을
ジスさんは運転がうまいです

7) 못/치다

기타를 전혀
ギターがまったく弾けませんか?

8) 잘/담그다

우리 할머니는 김치를
うちのおばあちゃんはキムチを漬けるのが上手です

「得意・不得意」の表現を使って対話文を完成させてみましょう

※韓国語の文章は画面右下のボタンで非表示にすることができます

예) 잘 못/글을 쓰다
가: 연설을 잘해요?

나: 저는 연설을 잘 못해요. 하지만 글을 잘 써요

1) 잘 못/사진을 찍다
가: 그림을 잘 그려요?

나: 저는 

2) 못/춤을 추다
가: 노래를 잘 불러요?

나: 저는

3) 못/스케이트를 타다
가: 스키를 잘 탑니까?

나:

4) 못/드럼을 치다
가: 트럼펫을 잘 불어요?

나:

5) 잘 못/볶음밥을 만들다
가: 김치찌개를 잘 끓여요?

나: