【-아/어 주다】誰かにお願いをする『~してください』のいろんな言い方

基礎から復習

「これください」 「サムギョプサル3人分お願いします」 こうした「お願い」をする時の表現は、旅行ガイドブックなどにも出てくるほどよく使う言葉で、韓国語を勉強している人なら、何かしらは知っていると思います。 ところが「お願い」には、いろんなパターンがあり、言い方は一つだけではありません。

【있다と계시다の違い】尊敬語の『いる』と『ある』を使い分けよう

文法

韓国語の尊敬語には「尊敬の語彙」を用いた表現があります。 먹다の代わりに、드시다を使うようなケースですね。 ところが、있다を尊敬語にした時は「계시다」を使う場合と、そうでな場合があります。 そこで今回は、尊敬語における있다と계시다の違いについてです。

【-ㅂ니다/습니다】初級から上級者までみんなが使う丁寧語『~です、~ます』

基礎から復習

韓国語の「丁寧な言葉遣い」の基本を勉強しましょう。 「-ㅂ니다/습니다」は、初級の韓国語学習者から韓国のニュースキャスターまで、いろんな人があらゆる場面で使う言葉です。 それだけ重要なものですが、これも韓国語を始めて間もない時期に習う語尾です。

【韓国語の丁寧語】相手に合わせて『語尾と語彙』を使い分けよう

文法

丁寧語は相手を上げる(下げる)表現のことで、いわゆる「言葉遣い」のことを言います。 早い話「丁寧な口調で話すかどうか」で、相手に合わせてどのような言葉を使うかがポイントです。 韓国語の丁寧語は、語尾と語彙によって使い分けていきます。

【韓国語の尊敬語の使い方】仕事やアルバイトに役立つ敬語表現の基礎

文法

目上の人との会話で、よく使われる尊敬語。 「相手を持ち上げる」イメージが強いですが、尊敬語は主語を上げる表現のことをいいます。 韓国語の尊敬語には、-시を使って対象となる人の「動作や状態」を持ち上げる方法と、尊敬語の語彙を使う方法の2つがあります。

1 2

To the top