バスや地下鉄をあわてて降りてしまい、荷物が車内に残されてしまった。

どこかに荷物を置いたのを忘れて、そのまま帰ってきてしまった。

こうなってしまった場合、荷物は手元に戻ってこないことがほとんどですが、もし親切な人が届け出てくれた時は、取り戻すことができるかもしれません。

今回は、そんな時の対処法についてです。

Ads

紛失物を取り戻すための基本的な流れ

拾得物は「遺失物センター」に届けられる

忘れ物などが、拾得物として届けられた場合、유실물센터(遺失物センター)という所で保管されます。

空港やバス、地下鉄などには、「紛失物取り扱いのための機関」が設けられており、忘れ物に気づいた場合は、まずここに問い合わせることになります。

遺失物センターでの紛失物の保管は、5~7日間と期間が定められていて、この間に確認が取れれば、荷物を取り戻すことができます。

※7日間を過ぎても取り戻すことが可能な場合もあります

半年間警察が保管し、持ち主が見つからなければ破棄

各機関の遺失物センターでの保管期限を過ぎた拾得物は、「警察の管理下」に置かれることになります。

警察での拾得物等の保管期間は、6か月です。

これを過ぎると、破棄もしくは国の所有物として扱われることになります。

拾得物の届け出

遺失物センター(1週間)

警察署(半年間)

ざっくりと言えば、紛失物の扱いはこういう流れになります。

旅行者は1週間以内が勝負

旅行者の場合、1週間以内に帰国する人がほとんどだと思います。

つまり、旅行中に忘れ物などをした場合は「帰国まで」が勝負になります。

したがって「見つからなかった荷物はあきらめる」くらいの覚悟はしておきましょう。

旅行会社などが対応してくれるケースもありますが、「無くしたら戻らない」と考えておくのが現実的です。

Ads

地下鉄や鉄道での忘れ物

地下鉄を降りてすぐに気づいた場合

車内に忘れ物をしてしまった場合の対処法です。

列車から降りてすぐに気づいた場合、역무실(駅の事務所)に行き、事情を説明しましょう。

この時、列車を降りた時間何番目の車両に乗っていたかを覚えておきます。

足元にある、このようなプレートを見てみましょう。

写真なら「5番目の車両の2つ目のドアから降りた」ことがわかります。

女子1-L

승강장 번호가 ‘2-3’이에요.
乗降場の番号は「2-3」です

デブ-R

출입문 번호가 ‘7-1’입니다.
ドア番号は「7-1」です

こんな感じでホームの場所を説明して、あとは駅員の指示に従いましょう。

地下鉄を降りてから時間が経過している場合

列車を降りて時間が経ってから、忘れ物に気づいた場合は、鉄道会社の遺失物センターに荷物の届け出があるか確認します。

それぞれの路線に合わせて、ホームページを見てみましょう。

seoul-metro ソウル交通公社(1~8号線)


URL:http://www.seoulmetro.co.kr/kr/index.do#;

METRO 9(9号線)


URL:http://www.metro9.co.kr/site/main/index001

その他の鉄道(KORAIL遺失物センター)


URL:http://www.letskorail.com/ebizcom/cs/guide/lost/lost02.do

KTXや空港鉄道で忘れ物をした場合も、KORAIL遺失物センターの管轄になります。

ホームページで拾得物情報を確認する

地下鉄1~8号線の拾得物を確認する方法です。

ソウル交通公社のサイトにアクセスします。

이용정보(利用情報)から、유실물센터(遺失物センター)を選択しましょう。

유실물센터(遺失物センター)のページに入ったら、1~4号線、5~8号線のうち、どちらかを選びます。

1号線の車内で忘れ物をしたと仮定し、左側の拾得物情報を見てみます。

1~4号線の拾得物の一覧が出てきました。

品目のところにカメラマークがあるものは、拾得物の写真を確認することができます。

「サングラス」と書かれた品目を見てみましょう。

습득일:拾得日
습득장소:拾得場所
습득내용:内容品の細部、中身
보관장소:保管場所
연락처:連絡先(問い合わせ先)

サングラスが拾得された日時、場所、中身、保管場所など、詳しい内容が記載されています。

これを見ると、신림역(新林駅)のトイレに忘れてしまった物のようです。

こんな感じで、自分のものを見つけ出したら、問い合わせてみましょう。

大抵は、問い合わせ先が、その駅の遺失物センターの連絡先になっています。

Ads

バスでの忘れ物

運送事業組合のホームページを確認

バスでの紛失物情報は、ソウル市の運送事業組合のホームページから確認できます。

ソウル市バス運送事業組合のサイトを見てみましょう。

ソウル市バス運送事業組合


URL:http://www.sbus.or.kr/lost/lost_01.htm

紛失物の確認は地下鉄と同じ方法

ソウル市運送事業組合のホームページから、拾得物を確認する時も、やり方は地下鉄の場合とほぼ同じです。

紛失物は、物品の種類、拾得日、期間など、条件を絞って検索することも可能です。

拾得物リストの中から、自分がなくしたと思えるものを、確認していきましょう。

どの路線のバスで紛失したのかなど、細かい情報が書かれています。

ところで、拾得日を見るとすでに2週間以上は経過しているのに、バス会社で保管されています。

「1週間を過ぎると警察署に引き渡す」という、規則通りに必ずしもなっていないということですね。

ちなみに、拾得物の写真は見本のイメージを使いまわしているものが多く、当てにならないかもしれません。

Ads

タクシーでの忘れ物

ソウル市タクシー運送事業組合のホームページを確認

タクシーでの忘れ物は、ソウル市タクシー運送事業組合のサイトから確認が可能です。

ソウル市タクシー運送事業組合


URL:http://stj.or.kr/customer_03.html

ナンバーがわからなくてもなんとかなる?

タクシーでの紛失物検索も、使い方はバスと同じく、拾得した日や問い合わせ先などが確認できます。

こちらは、拾得物の写真がきちんと掲載されているものが多く、紛失物を探しやすくなっているのも特徴です。

こういうシステムをうまく活用すれば、もしタクシーのナンバーを覚えていなくても、紛失物を探し出す手掛かりにはなります。

警察所で保管している荷物を確認する

警察庁の遺失物センターのHPにアクセス

警察署での保管している拾得物情報を検索する場合も、まずはホームページにアクセスしましょう。

警察庁遺失物センター


URL:https://www.lost112.go.kr/index.do

紛失物検索の方法

警察庁のホームページで、遺失物の検索をするためには、「検索条件」を入力する必要があります。

期間さえ入力すれば検索はできますが、地域や場所も絞った方がいいでしょう。

「ソウル市内の地下鉄」といったように、条件を付ければ、探しやすくなります。

拾得物のリストには、他の遺失物センターのホームページと同じく、品名や取得された場所、日時などが並びます。

ただし「地下鉄」で検索すると、5~8号線の駅で管理している拾得物情報も含まれるため、日付が近いものの場合、ほとんどは5~8号線のリストになってしまいます。

他の地下鉄で検索をしたい時は、鉄道会社の遺失物検索ページも利用しましょう。

ちなみに、交番に届けられた忘れ物も結構出てきます。

地下鉄やバスの遺失物検索ページにないものでも、警察の遺失物検索ページを探せば、発見できるかもしれません。

飲食店での忘れ物が警察に届けられることもあります。

表示された情報を見ると、ソウル市冠岳区の飲食店で拾得された携帯電話が、交番で保管されているようです。

記載されている連絡先は、物品を管理している警察署などになります。

まとめ

拾得物検索ページの使い方を中心に、忘れ物を探す方法を紹介しましたが、地方で忘れ物をした時など、場所によっては検索ができないこともあります。

また、無くしたものが「貴重品」の場合、警察に紛失届けを出したり、カード会社に連絡するといった対応も必要です。

ちなみに、紛失物のリストを見てて、一番多いと感じるのが「携帯電話」です。

飲食店での「携帯の置き忘れ」には、十分気を付けましょう。