意思の表示に使われる文法を練習してみましょう。

-ㄹ게요は「~します」という行動の予告を意味し、約束ごとなどについて話す時によく用いられます。

行動の予告や宣言をする

決心したこと・意志を表明する

-ㄹ게요はやろうと決めたことを宣言・予告する時に使います。

決心したことや心に誓ったこと

退勤時間になった
이제 집에 가자.
もう家に帰ろう

周りに宣言する
↓↓↓

挨拶をする
나 먼저 갈게요.
私先に帰るよ

決心したことを話すだけなので、実行するかどうかは別になります。

「-ㄹ게요」の使い方

-ㄹ게요は動詞と組み合わせて使いましょう。

動詞 + -(으)ㄹ게요

가다 + -ㄹ게요 = 갈게요
내리다 + -ㄹ게요 = 내릴게요
청소하다 + -ㄹ게요 = 청소할게요

먹다 + -ㄹ게요 = 먹을게요
닫다 + -ㄹ게요 = 닫을게요
읽다 + -ㄹ게요 = 읽을게요

놀다 + -ㄹ게요 = 놀게요
듣다 + -ㄹ게요 = 들을게요
돕다 + -ㄹ게요 = 도울게요

語幹にパッチムがない時は-ㄹ게を組み合わせ、パッチムがある語彙には-을게を使いましょう。

パッチムなし

제가 약속을 꼭 지킬게요.
私が必ず約束を守ります
(지키다)
주방은 제가 청소할게요.
キッチンは私が掃除します
(청소하다)
잠시만요, 내릴게요.
すいません、降ります
(내리다)

ソウルのバスや地下鉄で「내릴게요」と言いながら、混雑をかき分けて下車していく人をよく見かけますが、これも行動の予告・宣言ですね。

パッチムあり

오늘은 10시가 되면 문을 닫을게요.
今日は10時になったら店を閉めます
(닫다)
괜찮은 노래가 있으면 들을게요.
いい曲があれば聴いてみます
(듣다)

変格活用の語彙は-으が入るパターンに基づいて変化します。

ㅂパッチムなら-울게になるし、一部のㄷパッチムの語彙はㄷがㄹになったところに-을게がつきます。

間違えやすい文型のミス

-ㄹ게요を使う時によくあるミスです。

전화로 물어볼게요.
電話で聞いてみます (ㅇ)
전화로 물어볼께요.
電話で聞いてみます (x)

発音が「-ㄹ께」になるため、それをそのまま書いてしまう人は多いです。

うっかりしやすいので気をつけましょう。

約束をしたり、お礼を伝えたりする

約束をした時にも使う

-ㄹ게요は約束をする時にもよく用いられます。

다음에는 제가 살게요.
次は私がごちそうしますよ
더 이상 그 사람하고는 안 만날게요.
これ以上あの人とは会いません
올 때까지 여기서 기다릴게.
来るまでここで待ってるよ

予告の一つと言えなくもないですが、相手に「~しますよ」と言う時にそれが約束になっていることは多いです。

お礼を言う時にも使える

-ㄹ게요はお礼を言いたい時にも使えます。

고마워요. 잘 먹을게요.
ありがとう。いただきます
이 책 갖고 싶었어요. 잘 읽을게요.
この本欲しかったんです。ありがとう
고마워요. 잘 쓸게요.
ありがとう。大事に使います

もらったものが本であれば읽다を使えばいいし、他のものなら쓰다もいいでしょう。

受け取ったもの、してもらったことに合わせて語彙を使い分けてみましょう。

何か約束をしたり、こうしますと言いたい時に使ってみましょう。