-고には話を並べていく「並列」のニュアンスもありますが、時間の流れに沿って「順番」に話をする時にも使います。

どちらも使い方が似ているため、混同しやすくなる文法です。

今回は「-고」を使った文の、もう一つの意味と使い方を練習してみましょう。

時間の流れに沿った話

行動の順番に沿って話をする

時系列に沿って話をする-고は、次のようなイメージで考えるといいでしょう。

時間と話の流れ

①밥을 먹어요.
(ごはんを食べます)

그리고(그 다음에) 학교에 가요.
(それから学校に行きます)

①+②
↓↓↓

③밥을 먹 학교에 가요.
(ごはんを食べてから、学校に行きます)

1つの行動が終了して(一旦場が途切れて)から、次の行動が始まる

前の動作が終わって、그리고(そして、それから)、次の行動に入っていきます。

そのため「並列の-고」とは、그리고のニュアンスが違ってきます

話題を並べてつなぎ合わせる時と時系列での話は、別々に考えましょう。

時系列の「-고」の使い方

時系列の話の場合も、語幹に-고を付けるだけです。

動詞 + -고

보다 + -고 = 보
먹다 + -고 = 먹
입다 + -고 = 입
끝나다 + -고 = 끝나
식사하다 + -고 = 식사하

ただし並列の話と違って、組み合わせは動詞のみとなります。

TV를 보 샤워를 할 거예요.
テレビを見てから、シャワーを浴びます
(보다)
점심은 먹고 오세요.
お昼は食べて来てください
(먹다)
리포트를 다 정리하고 잤어요.
レポートを全部整理してから寝ました
(정리하다)

迷ったら「まず何をして、次にどうするのか」を考えてみましょう。

時系列の「-고」の注意点

前後の内容を入れ替えできない

いくつもの話を並べるのと違い、文の前後を入れ替えるといったことはできません。

회의를 마치 집에 갑니다.
会議を終えて、家に帰ります (ㅇ)
집에 가 회의를 마칩니다.
家に帰って、会議を終わらせます (×)

時間の流れに沿って話をしているので、前後の内容を入れ替えれば、内容がおかしくなってしまいますね。

主語がバラバラではいけない

時系列の-고は、主語が常に同じでなければいけません。

난 돈까스를 먹 동료는 카레를 먹었어요.
私はとんかつを食べて、同僚はカレーを食べました (並列)
은경씨는 소주를 미셨 지수씨는 맥주를 마셨어요.
ウンギョンさんは焼酎を飲んで、ジスさんはビールを飲みました (並列)

これだと並列の-고なので、ニュアンスが変わってしまいます。

過去形と組み合わせない

例え主語が同じでも、過去形とは組み合わせません。

태풍 뉴스를 보고 친구한테 연락했어요.
台風のニュースを見て、友達に連絡しました (順番)

これなら台風のニュースを見て心配になり、友達に連絡をしたという流れになります。

태풍 뉴스를 봤고 친구한테 전화했어요.
台風のニュースを見て、友達に電話しました (並列)

過去形に-고を使ってしまうと「並列」の文になり、ニュースを見たことと友達に連絡したことは関係なくなってしまいます。

過去形は文の最後に持ってきましょう。

「-고」にしてみよう

動詞を「-고」に変えてみましょう。

택시를 병원에 가요.
タクシーに乗って、病院に行きます
(타다)
사고 소식을  놀랐어요.
事故の知らせを聞いて驚きました
(듣다)
항상 가방을 다녀요.
いつもバッグを持ち歩いてます
(들다)
대학원을 취직했어요.
大学院を卒業して、就職しました
(졸업하다)
꼼꼼히 자요.
しっかり戸締りをしてから寝ます
(문단속하다)
불을 10분 정도 기다립니다.
火を止めて、10分程度待ちます
(끄다)
어제는 바로 잤어요.
昨日はお風呂入ってから、すぐ寝ました
(씻다)
방에 짐을 올게요.
部屋に荷物を置いてきます
(놓다)

※答えはタップしてチェックできます

時系列の-고は、並列の話とは別けて練習しましょう。