韓国語を勉強する人が最初に習う否定文といえば、-이/가 아닙니다ですね。

実はこれも、-이에요/예요のように「別の言い方」があります。

今回はもう一つの「~ではありません」を練習です。

「-이/가 아니에요」の使い方

-이에요/예요を否定文にしたもの

아니다(~ではない)に「-에요」の語尾を付けたのが、아니에요です。

どちらも「~ではありません」

-이/가 아니다 + -ㅂ니다 = -이/가 아닙니다
-이/가 아니다 + -에요   = -이/가 아니에요

「~ではありません」にも二通りの言い方があります。

-이/가 아닙니다を「-에요」の言い方にしたのが、-이/가 아니에요です。

名詞と一緒に使うのが基本

-이/가 아니에요も名詞と一緒に使います。

名詞 + -이/가 아니에요

주스 + -이/가 아니에요 = 주스가 아니에요
야채 + -이/가 아니에요 = 야채가 아니에요
배우 + -이/가 아니에요 = 배우가 아니에요

과일 + -이/가 아니에요 = 과일이 아니에요
물감 + -이/가 아니에요 = 물감이 아니에요
장갑 + -이/가 아니에요 = 장갑이 아니에요

-이/가 아닙니다と同じく、前に来る名詞のパッチムの有無によって、「-이」と「-가」どちらの助詞を使うかが変わります。

パッチムのない単語

저 건물이 학교가 아니에요.
あの建物は学校ではありません

パッチムのない単語では「-가 아니에요」の形になります。

パッチムのある単語

여기는 병원이 아니에요.
ここは病院じゃありません

パッチムのある単語が来た時は「-이 아니에요」にします。

ちなみに아니에요と아니예요を間違える人がいますが、아니예요ではありませんので気を付けましょう。

疑問文でも文型は同じ

-이/가 아니에요も、疑問文で形が変わることはありません。

내일은 쉬는 날이 아니에요?
明日は休みの日じゃないんですか?

語尾のイントネーションを上げることで、疑問文になります。

「-이/가 아니에요」を使ってみる

文に合わせて「-이/가 아니에요」を入れてみましょう。

여기는 술집
ここは居酒屋じゃないですよ
저는 민수
僕はミンスじゃないですよ
거기는 롯데백화점
そこはロッテデパートじゃありません
이거는 물
これは水じゃないです
저는 50대
私は50代じゃないですよ

※文章中の目隠しがされた部分をタップすると解答が確認できます

こんな使い方もある

助詞「-이/가」が省略されることもある

口語では助詞「-이/가」を省略して、「○○ 아니에요」の形で使うことがよくあります。

저는 82년생 아니에요.
私は82年生まれじゃありません
이 책 아니에요?
この本じゃないんですか?

助詞を省いた文型がどんなものかイメージできたでしょうか。

ため口だと「文型」が変化する

ため口(반말)では、文型が変化することもあります。

이건 그냥 라테가 아냐.
これはただのラテじゃないよ
여기 아냐?
ここじゃないの?

助詞は省略することもあれば、しないこともあります。

しかし아니에요が아니야(아냐)になったとしても、使い方の基本は同じです。

감사합니다(ありがとうございます)と言われた時に、「いえいえ」と答えるのも아니에요です。