「~ではない、~じゃない」というニュアンスの文法についてです。

これは、言ってしまえば、韓国語を勉強する人が「最初に習う否定文」です。

-이에요/예요の「~です」に対し、反対の意味を表現します。

Ads

 -이/가 아니다って?

 「-이/가 아니다」を使った会話例

최지현-R

대호씨는 대학생이에요?
テホさんは大学生ですか?

김대호-L

네, 저는 대학생이에요. 지현씨도 대학생이에요?
はい、私は大学生です。ジヒョンさんも大学生ですか?

최지현-R

아니요, 저는 대학생이 아니에요.
いいえ、私は大学生ではありません

최지현-R

저는 화사원이에요.
私は会社員です

どんな意味なの?

이다(~である)と逆の意味である「아니다」に에요を付けて「아니에요」にします。

이소룡-R

저는 변호사가 아니에요.
私は弁護士ではありません

정현주-R

저는 간호사가 아니에요.
私は看護師ではありません

これで「~ではない」という意味を表現することができます。

Ads

-이에요/예요の使い方

文型と使い分けを押さえよう

아니에요は名詞と一緒に使い、名詞には助詞「이/가」を付けます。

名詞 + -이/가 아니에요

주스 + -이/가 아니에요 = 주스가 아니에요
야채 + -이/가 아니에요 = 야채가 아니에요
배우 + -이/가 아니에요 = 배우가 아니에요

과일 + -이/가 아니에요 = 과일이 아니에요
물감 + -이/가 아니에요 = 물감이 아니에요
장갑 + -이/가 아니에요 = 장갑이 아니에요

「-이/가 아니에요」の形で用いるわけですが、前に来る名詞のパッチムの有無によって、助詞「이/가」を使い分けます。

パッチムのない単語

박석중-L

저는 50대가 아니에요.
私は50代じゃないですよ

パッチムのない単語では「-가 아니에요」の形になります。

パッチムのある単語

김지성-L

오늘은 세일이 아니에요.
今日はセールじゃありませんよ

パッチムのある単語が来た時は、助詞に「이」を入れ「-이 아니에요」にします。

ちなみに、よく아니에요と아니예요を間違える人がいますが、아니예요ではありません!

「이と가」のどちらを使う?

文に合わせて「-이/가 아니에요」を入れてみましょう。

김영주-R

여기는 술집
ここは居酒屋じゃないですよ

兵士-R

저는 민수
俺はミンスじゃないですよ

김대호-R

거기는 롯데백화점
そこはロッテデパートじゃありません

황수지-R

이거 과일주스
これはフルーツジュースじゃないです

Ads

こんな使い方もある

助詞「이/가」が「은/는」になることもある

助詞「이/가」を「은/는」にして使うこともあります。

이현빈-L

녹차 아니에요.
緑茶ではないですよ

なび-L

이 책 아니에요?
この本じゃないんですか?

助詞が変わると、否定を少し強調するような感じになります。

また、-이/가 아니에요の文は、語尾を上げることで「確認の疑問文」としても使えます。

助詞「이/가」が省略されることもある

口語では助詞「-이/가」を省略して、「~ 아니에요」の形で使うこともよくあります。

강소영-R

저는 85년생 아니에요.
私は85年生まれじゃありません

박기영-R

여기 아니에요?
ここじゃないんですか?

助詞を省いた文型がどんなものかイメージできたでしょうか。

ため口だと「文型」が変化する

ため口(반말)では、文型が変化することもあります。

양승희-L

난 이제 어린이 아냐.
私はもう子供じゃないよ

김철수-L

넌 이제 혼자가 아니야.
お前はもう一人身じゃないんだぞ

助詞は省略することもあれば、しないこともあります。

しかし、아니에요が아니야(아냐)になったとしても、文法の使い方は基本的に同じです。

Ads

「-이/가 아니다」」を用いて文を完成させよう

適切な言葉を入れて、文を完成させてみましょう。

예)
가: 여기가 강남역이에요?

나: 여기는 강남역이 아니에요.

1)
가: 저 건물이 63빌딩이에요?

나: 저 건물은 

2)
가: 그거 한국 잡지예요?

나: 이거는 

3)
가: 이것이 민주씨 옷이에요?

나: 그것은

4)
가: 혹시 오늘이 생일이에요?

나: 내일이에요.

5)
가: 약속은 이번 주 금요일이에요?

나: 다음 주 월요일이에요.

まとめ

1.-이/가 아니에요の意味
~ではありません

2.パッチムの有無と使い分け
パッチムなし:-가 아니에요.
パッチムあり:-이 아니에요.

3.助詞が変わったり省略されたりする
-은/는 아니에요.
~ 아니에요.

4.話し方によって아니다の形が変化
-이/가 아니야

ちなみに、감사합니다(ありがとうございます)と言われて、「いえいえ」と答える時も아니에요です。