【~たられば】-면を使った文は表現の種類とニュアンスが豊富

ニュアンスや意味

「~ならいいのに」 「~だったなら」 「~なら」 ~면は、バリエーションに富んだ使い方が可能な文法です。 様々なニュアンスを表現できますが、その分使いこなすも難しくなります。 今回は「-면」を使った、いわゆる「たられば」の表現についてです。

【~だったよ】感情や気持ちを思い出して話す더라、더라고のニュアンス

文法

過去に「自分が見聞きしたこと」を話す時に使う文法です。 自分の体験を頭の中で思い起こし、その時の「感情、気持ち、様子」を伝えます。 頭の中で、その場面をイメージしながら話をしていくわけですが、思い起こす内容が「行動か感情か」によって、使い方が変わります。

「女性らしい、男性っぽい」の韓国語は?답다と스럽다と롭다ってどう違うの?

ニュアンスや意味

「男らしい」 「子供っぽい」 「女性みたい」 こういった表現に使える文法といえば、「-답다、-스럽다、-롭다」の3つです。 日本語では「~らしい、~っぽい」と訳すことが多く、すべて同じように見えますが、それぞれ使い方やニュアンスが異なります。

【お前のせいだ】原因や理由を表す-때문에と-기 때문이다の違いは?

文法

너 때문이야(お前のせいだ)なんて言い方をよくしますが、때문이다も「理由や原因」などを表す時によく使う表現です。 ところが、때문이다の他に-기 때문이다という少し似た文法があります。 これらはどのように使い分けるのか、今回は때문이다と-기 때문이다の違いについて解説していきます。

『ㄴ添加』っていつ起こるの?発音が変化するルールと例外を徹底解説

発音や表記

ㄴ添加は、韓国語学習者が最も苦しむ発音の変化の一つです。 ㄴ添加が起こる条件と発音の変化には一定のルールはあるものの、例外や規則通りに発音しない韓国人も多いからです。 今回は、ㄴ添加の規則と例外、さらに一緒に起こる発音の変化などについて解説していきます。

【直接話法と引用文】韓国語版『かぎかっこ』の使い方をマスターしよう

間接話法

日本語で文章記号といえば、「かぎかっこ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 韓国語でこれと同じような役割として使われるのが、ダブルクォーテーション(” “)とシングルクォーテーション(’ ‘)です。 今回は、韓国語版「かぎかっこ」とも言える「ダブルクォーテーションやシングルクォーテーション」の機能や使い方などの話です。

1 18 19 20 21 22 25

To the top