【韓国語であいづちをする】受け答えやつなぎに使える短い表現

いろんな表現

あいづちや返事は、会話において非常に重要です。 相手の反応があれば、話も弾むし会話が楽しくなりますよね。 しかし、どちらかが一方的に話すだけでは会話とは言えないし、おもしろくもありません。 そこで、韓国語でよく見られる「受け答えや切り返し」の表現を集めてみました。

「-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다」の違いは『目に見えるかどうか』で判断しよう

文法

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、「~できる」という意味の文法です。 ところが、同じ「~できる」というニュアンスにも拘わらず、それぞれを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。 今回は、2つの文法の違いや使い分けについて解説していきます。

「どうやって来たんですか?」外国人が必ず間違えるフレーズ2選!

いろんな表現

外国人がついやってしまいがちなミス、直訳するとおかしくなる表現を紹介したいと思います。 外国語には直訳できるものと、意訳(意味やニュアンスから訳する)しかできないものがあります。 このうち、意訳しかできない表現で起こりがちなフレーズです。

【~しなければ、~しないと】強制力が変わる『-야 되다と-야 하다』のイメージとは?

文法

突然ですが、「宿題しなきゃ」は何と言えばいいでしょうか。 「~しなければ」を意味する表現には、「해야 하다」と「해야 되다」の2つがあります。 ところが、意味が似ているので「同じもの」として使えると考えている人は多いのではないでしょうか。

1 16 17 18 19 20 22

To the top