できること・できないことを韓国語で表現したい時、最も簡単に使える文法は「못」です。

ところがこれだけでは、表現できることに限界があります。

そこでかゆいところに手が届く文法の登場です。

可能・不可能を表す文

못では表現できないこともある

못 하다は「~できない」を表しますが、反対に「~できます」と言いたい時。

表現できることには限界がある


저녁까지는 리포트를 못 해요.
(夕方までにはレポートはできません)

逆の文なら?
↓↓↓

-ㄹ 수 있다
저녁까지는 리포트를 할 수 있어요.
(夕方までにはレポートはできます)

잘では得意なことを意味するので、こういうケースには使えません。

そこで使われるのが、-ㄹ 수 있다/없다です。

「ㄹ 수 있다/없다」の使い方

-ㄹ 수 있다/없다は、動詞の語幹に付けて使います。

動詞 + -(으)ㄹ 수 있다/없다

가다 + -ㄹ 수 있다 = 갈 수 있다
마시다 + -ㄹ 수 있다 = 마실 수 있다
졸업하다 + -ㄹ 수 있다 = 졸업할 수 있다
공부하다 + -ㄹ 수 있다 = 공부할 수 있다

먹다 + -ㄹ 수 있다 = 먹을 수 있다
끓이다 + -ㄹ 수 있다 = 끓일 수 있다

만들다 + -ㄹ 수 있다 = 만들 수 있다
듣다 + -ㄹ 수 있다 = 들을 수 있다

잘/못と違い、得意不得意とは関係のない「できる、できない」を表します。

できることを表現

나 혼자 집에 갈 수 있어요.
私一人で帰れます
(가다)
도서관에는 책을 빌릴 수 있어요.
図書館では本を借りることができます
(빌리다)
주말은 쉴 수 있어요?
週末は休めるんですか?
(쉬다)

「~できる」と言いたい時は、-ㄹ 수 있다の形にします。

できないことを表現

이 수돗물은 마실 수 없어요.
この水道水は飲めません
(마시다)
입맛이 없어서 밥을 먹을 수 없어요.
食欲がなくて、ごはんが食べれません
(먹다)
오후8시 이후는 이용할 수 없습니다.
午後8時以降は利用できません

「~できない」は못でもいいですが、-ㄹ 수 없다でも表現できます。

変格活用の語彙と文形

変格活用の語彙では、以下のようになります。

ㄹパッチムの語彙

카드키가 없으면 객실 문을 열 수 없어요.
カードキーがないと、客室のドアは開けれません
(열다)

もともとパッチムにㄹがあるので、-수 있다/없다を足してあげましょう。

一部のㄷパッチムの語彙

무료로 음악을 들을 수 있어요.
無料で音楽が聴けます
(듣다)

一部のㄷパッチムの語彙では、ㄷをㄹにしてから、-수 있다/없다を付け足します。

「ㄹ 수 없다」と「못」の違いは?

「못 하다」なら同じニュアンス

-ㄹ 수 없다と못の否定文は、どちらも不可能を意味する表現です。

어제는 바빠서 공부할 수 없었어요.
昨日は忙しくて勉強できませんでした
어제는 바빠서 공부를 못 했어요.
昨日は忙しくて勉強できませんでした

못 하다であれば、-ㄹ 수 없다と入れ替えることができます。

どちらも「何かしらの事情でできない」ことを意味するからです。

「못하다」と同じではない

못하다になると、-ㄹ 수 없다と入れ替えることができなくなります。

의료용품이 부족해서 치료를 할 수 없어요.
医療用品が不足して治療ができません (ㅇ)
의료용품이 부족해서 치료를 못해요.
医療用品が不足して治療ができません (×)

못하다は「能力がないこと」を意味します。

しかし音でこれらの違いを把握するのは難しいので、会話では問題なく通じるでしょう。

「ㄹ 수 있다/없다」にはどういうニュアンスがある?

「能力があること」を意味する

-ㄹ 수 있다/없다は、能力があることも意味します。

전 중국어로 이야기할 수 있어요.
私は中国語で話ができます

この場合は「語学力」というスキルがあることを意味しています。

전 오토바이를 운전할 수 있습니다.
僕はバイクを運転できます

免許証を見せながら「運転できます」と言えば、運転技術を持っているということになりますね。

우리 아들은 자전거를 탈 수 없어요.
うちの息子は自転車に乗れません

反対に-ㄹ 수 없다を使えば、スキルや技術を持ち合わせていないということになります。

許可や禁止を意味することもある

-ㄹ 수 있다/없다はニュアンスが広いので、可能・不可能以外の意味で使うこともあります。

안에서 사진을 찍을 수 없습니다.
中で写真を撮ってはいけません
(写真は撮れない)
여기서 수영할 수 없습니다. 
ここで泳いではいけません
(泳ぐことはできない)

不可能の意味に見えますが、ここでは「禁止」の話をしています。

-ㄹ 수 있다/없다には、こうしたニュアンスがあることも知っておきましょう。

「-ㄹ 수 있다/없다」にしてみる

動詞を「-ㄹ 수 있다/없다」の形に変えてみましょう。

더 이상은
もうこれ以上は待てません
(기다리다)
자금이 부족해서 
資金が足りなくて買えません
(사다)
돋보기를 쓰면 작은 글씨도
老眼鏡をかければ小さい文字も読めます
(읽다)
많이 취해서 혼자
すごい酔ってるので一人で歩けません
(걷다)
언제
いつ卒業できますか?
(졸업하다)
사이즈가 작아서
サイズが小さくて着れません
(입다)
파일은 어떻게
ファイルはどうやったらダウンロードできますか?
(다운받다)
여기서는 아이들이 안전하게
ここでは子供たちが安全に遊べます
(놀다)

※タップすると答えが見れます

-ㄹ 수 있다/없다は幅広いニュアンスに対応しているので、可能・不可能の文にはどんどん使ってみましょう。