-입니다や-이/가 아니다などの文法を習ったばかりの人は、それらを使って誰かについて話をしたと思います。

基本的な文型はそのままで、人ではなく「もの」などについて話をする時に使うのが、이것・그것・저것です。

 「이것、그것、저것」の使い方

ものを表現してみよう

이것、그것、저것を日本語にすると「これ、それ、あれ」になります。

人ではなく「もの」などを表してみる

아버지는 회사원입니다.
父は会社員です

語彙を入れ替えてみる
↓↓↓

이것은 귤입니다
これはみかんです

言葉を入れ替えただけですが、これだけでも簡単に表現できることが倍増します。

指し示すものとの位置関係が重要

이것・그것・저것は「指し示すものとの位置関係」を基準に使い分けていきます。

話し手に近い「これ」は『이것』

이것(これ)は話し手から近いものを指します。

聞き手に近い「それ」は『그것』

그것(それ)は聞き手に近いものを指し、聞き手から見れば이것(これ)になります。

お互いから離れた「あれ」は『저것』

저것(あれ)は話し手と聞き手お互いからも離れたものを指します。ただし目に見えるものを指すのが原則です。

目に見えない「あれ」には『그것』

目に見えない「あれ」には、그것(それ)を使います。

日本語と違う点なので、こういうケースで日本語を直訳すると「あの」と「その」がおかしくなるので注意しましょう。

ちなみに「どれ?」には、어느 것を使います。

「これ、それ、あれ」を使いこなそう

具体的なことがわからない時は「무엇」や「얼마」などを使う

「これ、それ、あれ」が指し示すものについて、具体的なことがわからない時は疑問詞を使いましょう。

이것이 무엇입니까?
これは何ですか?
그것이 얼마입니까?
それはいくらですか?

名前がわからなければ무엇(何)、金額や数量を知りたいなら얼마(いくら)を入れましょう。

会話では省略・短縮した形で使う

実際の会話では、이것・그것・저것を短縮したものをよく使います。

これ・それ・あれ

文語
(原型)
이것 그것 저것
口語
(省略形)
이거 그거 저거

これが・それが・あれが

文語
(原型)
이것이 그것이 저것이
口語
(省略形)
이게 그게 저게

これは・それは・あれは

文語
(原型)
이것은 그것은 저것은
口語1
(省略形)
이거는 그거는 저거는
口語2
(省略形)
이건 그건 저건

これを・それを・あれを

文語
(原型)
이것을 그것을 저것을
口語1
(省略形)
이거를 그거를 저거를
口語2
(省略形)
이걸 그걸 저걸

助詞が組み合わさっている場合は、慣れないと聞き取るのが難しいかもしれません。

아까 그건 물입니다.
さっきの「あれ」は水です

目に見えない「あれ」について話す時は「그거」ですね。

話すときは「무엇」をそのまま使わない?

疑問文でも「口語の特徴」は現れます。

이게 입니까?
これは何ですか?
대체 가 문제입니까?
一体、何が問題ですか?

무엇は「뭐」の形で使うことの方が多いでしょう。

「こそあど」の基本的な考え方はみんな同じ

이・그・저「この・その・あの」の距離感

이・그・저は、名詞の前に付いて「特定のもの」を指し示す働きをします。

은 무슨 책입니까?
この本は、何の本ですか?
사진은 누구입니까?
その写真は誰ですか?
 건물이 무엇입니까?
あの建物は何ですか?
어느 교과서가 제 것입니까?
どの教科書が僕のですか?

距離感に対する感覚と使い分けは「이것、그것、저것」と同じと考えて構いません。

여기・거기・저기「ここ、そこ、あそこ」で場所や位置を示す

場所や位置を示す「여기、거기、저기」も、同じようにとらえましょう。

여기에 있습니다.
ここにあります
거기에는 없습니다.
そこにはありません
저기가 서울타워입니다.
あそこがソウルタワーです

場所や位置が見えるなら「이、그、저」になるし、見えない「あの場所」なら거기です。

커피는 어디에 있습니까?
コーヒーはどこにありますか?

疑問文にする時は、どこかわからないので「어디」になります。

練習してみよう

「これ、それ、あれ」を使ってみよう

それぞれの文に適した言葉を入れてみましょう。

은 친구의 사진입니다.
それは友達の写真です
은 한국의 잡지입니다.
これは韓国の雑誌です
은 새로운 카페입니다.
あれは新しいカフェです
은 회사 신분증입니다.
「あれ」は会社の身分証です
이 제 핸드폰입니까?
どれが僕の携帯ですか?

※解答例はタップすると確認できます

-의(~の)を一緒に使えば、ものに対する所有者などを表現することもできます。

実際に「これ、あれ」などと、指さしたりしながら練習してみましょう。