「~です、~します」といった現在の話ができるようになったら、次は過去形です。

いわゆる「~でした、~しました」というような話に使う表現ですね。

過去形が使えるようになると、表現できることが一気に広がります。

過去形の使い方と文の作り方

動詞や形容詞に「-았/었/였」を付ける

「~しました」という過去の話をする時に使うのが過去形です。

現在形に-았/었/였を加える

現在形
쌀을 씻습니다
お米を研ぎます

-았/었/였を足す
↓↓↓

過去形
쌀을 씻습니다
お米を研ぎした

語尾の前に-았/었/였を加えるだけで、過去形になります。

語幹の母音に合わせて「-았/었/였」を使い分ける

過去形は語幹(辞書に載ってる原型から다を除いた部分)の母音によって、-았/었/였のどれを組み合わせるかが変わります。

語幹 + -았/었/였 + 습니다

많다 + -았 + 語尾 = 많았습니다
받다 + -았 + 語尾 = 받았습니다
놀다 + -았 + 語尾 = 놀았습니다

먹다 + -었 + 語尾 = 먹었습니다
이다 + -었 + 語尾 = 이었습니다
만들다 + -었 + 語尾 = 만들었습니다

수영하다 + -였 + 語尾 = 수영했습니다
활발하다 + -였 + 語尾 = 활발했습니다

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」である

선생님한테 생일 선물을 받았습니다.
先生に誕生日のプレゼントをもらいました
(받다)
친구하고 강남에서 놀았습니다.
友達と江南で遊びました
(놀다)

語幹の母音に「ㅏ、ㅗ」がある時は、-았を組み合わせます。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外

학식에서 순댓국을 먹었습니다.
学食でスンデクを食べました
(먹다)
이거는 누가 만들었습니까?
これは誰が作ったんですか?
(만들다)

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外の時は、-었を使います。

하다を使う用言の過去形

하다の単語には-였が付いて하였になりますが、実際はで発音します。

거기서 뭐를 했습니까?
そこで何をしたんですか?
어젯밤에 범인을 체포했습니다.
昨晩に犯人を逮捕しました
친구랑 새벽까지 통화했습니다.
友達と夜中まで電話しました

하다は했습니다と覚えてしまいましょう。

文型の省略や短縮などが起こることもある

似たような母音が続くと一つは省略される

過去形は単に-았/었/였が入るものだけではありません。

例えば語幹の母音と-았/었で「同じような音」が続くと、母音の一つが省略されることがあります。

가다 + -았 = 가았습니다 → 습니다
(ㅏ + -았 = -았)

서다 + -었 = 서었습니다 → 습니다
(ㅓ + -었 = -었)

母音の一つが省略される

유미씨는 먼저 집에 갔습니다.
ユミさんは先に家に帰ったよ
(가다)
3시간 동안 계속 줄을 섰습니다.
3時間ずっと列に並んでいました
(서다)

가았습니다をはやく発音すれば「갔습니다」になるように、音がつながると短くなると思いましょう。

二重母音の発音に変化する

語幹の母音と-았/었で組み合わせによっては、文型の短縮が起こります。

보다 + -았 = 보았습니다 → 습니다
(ㅗ + -았 = -았)

마시다 + -었 = 마시었습니다 → 마습니다
(ㅣ + -었 = -였)

語幹の母音と過去形で二重母音になる

어제는 집에서 영화를 봤습니다.
昨日は家で映画を見ました
(보다)
평소보다 커피를 많이 마셨습니다.
いつもよりコーヒーをたくさん飲みました
(마시다)

마시었다を早く発音すれば마셨다になるわけですが、短母音ができれば二重母音もちゃんとできるようになります。

名詞の過去形も二重母音の発音の変化の一つ

名詞はそのままでは過去形にできないので이다を過去形にします。

이다 + -었 = 이었습니다 → 습니다
(ㅣ + -었 = -였)

학교이다 + -었 = 학교이었습니다 → 학교습니다
(ㅣ + -었 = -였)

이と어で二重母音になる

30년전에 저기는 학교였습니다.
30年前あれは学校でした
10년전에는 중학생이었습니다.
10年前は中学生でした

名詞を使って「○○でした」という文を作るのも二重母音の一つ言えます。

原則通りに変化しない過去形「変格活用」もある

変化の際に脱落する音がある語彙

過去形になる際に一部の音が脱落するケースもあります。

・母音(으)が脱落する
크다 + -었 = ㅋ었습니다 → 습니다
(ㅋ + -었 = -컸)

・子音(ㅎ)が脱落する
하얗다 + -었 = 하야었습니다 → 하습니다
(하얗 + -었 = 하얬)

母音や子音が脱落し異なる発音になる

정말 마음이 기뻤습니다.
とてもうれしい気持ちになりました
(기쁘다)
영어시험은 어땠습니까?
英語の試験はどうでしたか?
(어떻다)

一度に全部覚えるのは大変なので、少しづつ取り組んでみましょう。

語幹の形が変わってから-았/었が入る語彙

過去形には一度形が変わってから-았/었が入るものもあります。

춥다 + -었 → 추우 + -었 = 추습니다
(ㅂ → 우)

묻다 + -었 → 물 + -었 = 물습니다
(ㄷ → ㄹ)

パッチムの音が変化し、そこに過去形が付く

베트남은 너무 더웠습니다.
ベトナムはすごい暑かったです
(덥다)
회사까지 1시간을 걸었습니다.
会社まで1時間歩きました
(걷다)

こうした規則通りに変化しないケースは「不規則活用」とも呼ばれ、-았/었が入った後に音の省略や短縮が起こるわけではありません。

またこれらのケースも基本的にはそのまま覚える必要があります。

不規則活用の変化の仕方は-아요/어요でも解説しているので、そちらも参考にしてください。

さっそく一昨日の夜に何を食べたか、韓国語で表現してみましょう!