「~です、~します」といった現在形の表現が一通りできるようになったら、次にマスターすべきは過去形です。

いわゆる「~でした、~しました」というような話をする時に使う表現ですね。

過去形が使えるようになると、表現できることが一気に広がります。

Ads

過去の出来事を話す「~した」

「-았/었/였」を使った会話例

양승희-L

어제는 어디에 갔어요?
昨日はどこに行ったの?

황수지-R

압구정에 갔어요.
狎鴎亭に行きました

양승희-L

거기서 뭐를 했어요?
そこで何をしたんですか?

황수지-R

친구하고 같이 식사를 했어요.
友達と一緒に食事をしました

황수지-R

그리고 옷을 샀어요.
それから服を買いました

単に過去の事実を述べるだけ

文字通り、過去に起こった出来事を表現するのが過去形です。

単純に過去の話をする

現在形の文
제주도에 가요.
(済州島に行きます

過去形の文
제주도에 갔어요.
(済州島に行きました

単に「~しました」あるいは「~でした」という、事実だけを話すときに使います。

Ads

「-았/었/였」の使い方

요体と同じく「語幹の母音」に注目する

過去形は「요体の現在形」と使い方が似ており、動詞や形容詞などの語幹に「-았/었/였」を付けます。

語幹 + -았/었/였 + 語尾(어요/습니다)

많다 + -았 + 語尾 = 많았어요
받다 + -았 + 語尾 = 받았어요
놀다 + -았 + 語尾 = 놀았습니다

먹다 + -었 + 語尾 = 먹었어요
이다 + -었 + 語尾 = 이었어요
만들다 + -었 + 語尾 = 만들었습니다

수영하다 + -였 + 語尾 = 수영했어요
활발하다 + -였 + 語尾 = 활발했습니다

語尾には、요体なら「어요」を用い、ㅂ니다体なら「습니다」を使います。

語幹の母音によって「-았/었/였」の組み合わせが変わるも、現在形と同じですね。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」である

김지성-L

생일 선물을 받았습니다.
誕生日のプレゼントをもらいました

최지현-L

친구하고 강남에서 놀았어요.
友達と江南で遊びました

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」の時は、「-았어요」もしくは「-았습니다」を組み合わせるということになります。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外

김대호-R

학식에서 순댓국을 먹었어요.
学食でスンデクを食べました

황수지-R

이거는 제가 만들었습니다.
これは私が作りました

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外の時は、「-었어요」もしくは「-었습니다」を使います。

하다を使う用言の過去形

하다の単語には-였が付いて「하였」となりますが、実際は「했」で発音します。

양승희-L

친구하고 새벽까지 통화했어요.
友達と夜中まで電話しました
※통화(通話)=電話すること

박기영-L

범인을 체포했습니다.
犯人を逮捕しました

つまり「-했어요」もしくは「-했습니다」と言えばOKです。

「-았/었/였」を使ってみよう

過去形「-았/었/였」を使い分けてみましょう。
※解答例はタップすると見れます

강소영-R

유미씨는 먼저
ユミさんは先に帰ったよ

박기영-R

지하철은 사람이
地下鉄は人がいなかったんですか?

みか-R

방이 조금
部屋は少し狭かったです

김지성-L

영어시험은
英語の試験はどうでしたか?

정현주-L

공항에서 우연히 친국를
空港で偶然友達に会いました

김선아-L

10년전은
10年前は中学生だったよ

Ads

発音の変化や省略・短縮など

発音の省略や短縮も요体の現在形と同じ

요体は語彙によって「発音の省略や短縮」などが起こりますが、過去形でも基本的にとらえ方は同じです。

사다 + -았 = 사았어요 → 어요
(ㅏ + -았 = -았)

가르치다 + -었 = 가르치었습니다 → 가르습니다
(ㅣ + -었 = -였)

過去形でも発音の省略や短縮は起こる

김지성-R

여기는 비가 왔어요.
ここは雨が降りました

한상우-R

커피를 많이 마셨습니다.
コーヒーをたくさん飲みました

김영주-R

한 이틀 전부터 위가 계속 아팠어요.
およそ二日前から胃がずっと痛かったんです

-아요/어요に「ㅆ」がついたと考えれば、現在形と過去形の使い方に大きな差はないことがわかると思います。

「変格活用」による変化も考え方は変わらない

「変格活用」によって発音が変わる場合も、-아요/어요と同じ要領で考えましょう。

춥다 + -었 → 추우 + -었 = 추어요/추습니다
(ㅂ → 우)

묻다 + -었 → 물 + -었 = 물어요/물습니다
(ㄷ → ㄹ)

「変格活用」があっても、使い方は同じ

이소룡-L

베트남은 너무 더웠어요.
ベトナムはすごい暑かったです

박석중-L

회사까지 1시간 걸었습니다.
会社まで1時間歩きました

정현주-L

생각보다 가까웠어요.
思ったより近かったです

使い方が似ている以上、過去形を学ぶ前に「요体の変格活用」もしっかり覚えることが大切になります。

過去形の文を完成させよう

絵を見ながら、対話文を完成させてみましょう。

예)

가: 수학 시험은 어땠어요?
数学のテストどうだった?

나: 하나도 몰랐어요.
一つもわからなかったよ

1)

가: 감기는 괜찮아요?
風邪は大丈夫ですか?

나: 네, 이제  
はい、もうすっかり治りました

2)

가: 브라질과 코스타리카는 어떻게 됐어요?
ブラジルとコスタリカはどうなったの?

나:
ブラジルが勝ったよ

3)

가: 일요일은 무엇을 했어요?
日曜日は何をしましたか?

나:
テコンドーの試合に出ました

4)

가: 옷을 어떻게 샀어요?
服をどうやって買ったの?

나:
ネットで注文しました

5)

가: 지난 달에 책을 얼마나 읽었어요?
先月、本をどのくらい読みましたか?

나:
本を5冊読みました

まとめ

1.動詞の語幹に「-았/었/였」が付く

2.語尾は通常「-어요」もしくは「-습니다」を使う

3.不規則活用の語彙も、使い方は-요の現在形と似ている

過去形ができたら、さっそく一昨日の夜に何を食べたか表現してみましょう!