「金がかかる」
「時間がかかる」
「手数料がかかる」

お金や時間などに対して、日本語ではよく「かかる」という言葉を使いますね。

これを韓国語ではどう表現するのかを紹介していきます。

お金が使われる、消費される場合

お金がかかるは「돈이 들다」

金がかかるは돈이 들다と言い、出費に対して用います。

예술대 가고 싶었는데 돈 많이 들어서 포기했어요.
芸大に行きたかったけどお金がすごいかかるから諦めました
고치는 데 많은 돈이 든다면 차라리 새로운 거 사는 게 낫겠네요.
直すのに高い金がかかるなら、いっそ新しいの買う方がよさそうだね
돈이 안 되고 비용이 든다 이유로 안 맡아 준대요.
金にならないし費用もかかるから引き受けてくれないそうですよ

出ていくお金、出費に対して使う表現なので、돈の代わりに비용などを使うこともあります。

わからなくなった時は「나가다」

もし「金がかかる」がすぐに出てこなかったら、そういう時は나가다が便利です。

핸드폰 수리 비용으로 10만원이 나갔어요.
携帯の修理費用で10万ウォンかかりました

お財布から「お金が出ていく」と覚えれば忘れないでしょう。

미국에 유학했을 때 한 달 생활비로 얼마나 나갔어요?
アメリカに留学した時1か月の生活費でいくらかかったの?
방값을 포함해서 대략 150만원이 나갔어요.
家賃を含めて大体150万ウォンかかりました

具体的な金額を示しながら話してもいいですね。

税金や手数料などの「かかる」は?

税金や手数料などが発生した時の「かかる」は表現が変わります。

일본에서 물건을 구매할 때는 10%의 소비세가 부가되거든요.
日本で物を買う時は10%の消費税がかかります
카드결제는 1.2%의 수수료가 부가됩니다.
カード決済では1%の手数料がかかります

税金や手数料などの「かかる」には、부가(付加)を使います。

한국에서 파는 물건에는 10%의 부가세가 걸려 있습니다.
韓国で売られているものには10%の付加税がかかっています

あるいは걸리다を使うこともあります。

韓国の消費税って?

日本でいう消費税に当たる税金を韓国では부가가치세(付加価値税)と呼びます。

韓国の消費税は10%で買い物の際にいくらの消費税を払っているかは、レシートに記載されています。

부가세の部分に記載されているのが、加算される消費税の額です。

韓国で買い物や食事をした時に消費税をいくら払っているのか、一度レシートを見てみるのもいいでしょう。

 お金を使う、消費する場合

お金をかける、費用をかける

「お金をかける」のような表現には、돈을 들이다を使います。

들여서 좋은 노트북을 사려고요.
少し奮発していいノートパソコン買おうと思ってます
비싼 돈 들여서 화장품을 사기보다 식생활에 신경을 써야 합니다.
高いお金をかけて化粧品を買うよりも食生活に気を使うべきです

お金は主語ではなく目的語になるので、助詞も-이/가ではなく-을/를を使います。

800만원을 들여서 수리를 했어요.
800万ウォンかけて修理しました

あるいは具体的な額を入れて「いくらかけた、どのくらい費やした」という言い方をしてもいいですね。

大金をや全財産をつぎ込む、資金を投じる、情熱を注ぐ

「大金をかける、注ぎ込む」といった時には、돈을 지르다を使います。

딸이 게임에 돈을 질러요. 어떡하죠?
娘がゲームにお金をつぎ込んでて。どうしたらいい?
그 야구팀은 외국인 선수에 수백억원을 질를 만한 자금력이 있어요.
あの野球チームは外国人選手に数百億ウォンを投じるだけの資金力があります

有名選手の獲得に大金を投じたり、課金型ゲームでアイテムをどんどん購入する。

あるいは好きなプラモデルに全財産をつぎ込んだりと、そこに「エネルギーや情熱」が注がれているのがポイントです。

그녀는 댄스에 열정을 지르고 있습니다.
彼女はダンスに情熱を注いでいます
도박에 모든 돈을 질러 전재산을 잃게 됐답니다.
博打にすべてのお金をつぎ込み全財産を失ったそうです

好きなことに熱中するような「プラスのエネルギー」もあれば、ギャンブルにハマるなど「マイナスのエネルギー」のニュアンスの場合もあります。

ギャンブルや保険に「金をかける」

賭博や賭け事の「かける」には、지르다の他に걸다を使うこともあります。

100원 걸다가 100배가 됐어요.
100ウォンかけたら100倍になったよ

ギャンブルで具体的に「いくらかけたか」というニュアンスですね。

상해보험만으로는 불안해서 질병보험도 걸어놨어요.
傷害保険だけでは不安で医療保険もかけてます

また掛け金としての意味もあるので「保険をかける」のような表現にも使えます。

※상해보험(傷害保険) = ケガに対しての保険
※질병보험(疾病保険) = 病気に対しての保険

服や化粧品、車や漫画などに金をかける時

지르다は持っているすべての資金やエネルギーを注ぐような「熱中する、のめりこむ」イメージが強いです。

しかしそれほどでもないなら、돈을 쓰다とかでいいでしょう。

아빠는 자동차에 돈을 많이 써요.
パパは車にお金をたくさん使います
엥겔지수란 지출에서 식료품에 돈을 쓰는 비율을 말합니다.
エンゲル係数とは支出のうち食料品にお金を使う割合をいいます
그녀는 월급의 대부분을 옷이나 화장품에 써요.
彼女は給料の大半を服や化粧品に使ってます

普通に「お金を使う」と表現してもいいし、給料など他の語彙を使ってもOKです。

時間がかかる、時間をかける

「時間がかかる」には『-이/가』を使おう

「時間がかかる」には、시간이 걸리다を使います。

리포트를 쓰는 데 시간이 오래 걸렸어요.
レポートを書くのに時間がかかりました
서울에서 부산까지는 KTX를 타고 3시간 걸린다고 봐야 해요.
ソウルから釜山まではKTXに乗って3時間かかると見た方がいいよ

2時間や5日のように、具体的な数字を出してもかまいません。

이 퍼즐을 맞추는 데 얼마나 걸렸나요?
このパズルを組むのにどのくらいかかったの?
그거는 3일 걸렸어요.
それは3日間かかりました

時間が主語になるので、助詞には「-이/가」を使いましょう。

「時間をかける」には『-을/를』を使う

「時間をかける」は、시간을 걸리다を使います。

이건 1주일을 걸려서 완성 시킨 겁니다.
これは1週間かけて完成させたものです
사람 10명이 한달을 걸려서 계산하는 양을 컴퓨터는 3초만에 끝내요.
10人が1か月かけて計算する量をコンピューターは3秒で終えます
오랜 시간을 걸리더라도 좋은 인재를 채용할 생각입니다.
長い時間をかけてでも良い人材を採用するつもりです

時間が目的語になるので、助詞は-을/를になります。

걸리다は自動詞でも他動詞でもあるので、文に合わせて-이/가と-을/를を使い分けましょう。

時は金なりとはよく言いますが、韓国では“시간은 금이다”です。