自宅で食べるご飯から飲食店での食事まで、日常生活ではさまざまな食器や器を使っていると思います。

今回はそれらの韓国語を紹介していきます。

また教科書には出てこないニュアンスや使い方なども解説したいと思います。

食べる時に使う道具、カラトリー類

※語彙はタップして確認できます

日本語 韓国語
さじ、スプーン
ナイフ
フォーク
ストロー
箸置き

箸とスプーンをまとめて「수저」ということもありますが、飲食店ではスプーンのみを指すことの方が多いです。

お店で橋が必要になった時は、ちゃんと「젓가락」と伝えましょう。

飲み物に使う食器などの名称

コップ
マグカップ、マグ
グラス
焼酎グラス
ワイングラス
ビールグラス
マッコリの器
湯のみ、ティーカップ

ガラスのコップは잔、金属のコップは컵と区別して使ってもいいです。

:お酒を飲むためのもの
:水を飲むのに使う

また잔はアルコールの名前と組み合わせると、それを飲むためのグラスなどを指す言葉に変わるので、飲むものに合わせて語彙を使い分けてみましょう。

ごはんやおかずに使う「器やお皿」など

小皿、取り皿
小鉢
醤油皿
茶碗
お椀

おかずを盛る小鉢(瀬戸物のやつ等)のことを보시기ということもありますが、飲食店などでは小皿に盛って、それをテーブルいっぱいに並べることの方が多いです。

압접시は飲食店で取り皿が欲しい時にすぐ使えるので、まずはこれを覚えましょう。

ちょっとかわった器の名前

どんぶり
冷麺の器
土鍋(1人前用)
石鍋(ビビンバなど)
つぼ
真鍮の器

大きい器は「큰 그릇、라면그릇」のように呼んでしまうことは結構多いです。

ちなみに사발という瀬戸物の器もありますが、これは昔の人がよく使った言葉で、それよりは대접と呼ぶことの方が多いでしょう。

ちなみに小さい子供用のスプーンは아기 숟가락と呼んだりします。