舌が当たる

ㄷ、ㅅ、ㅈパッチムの発音と練習です。

ㄷ、ㅅ、ㅈパッチムは、口の中で調音に使われる部分が同じ、もしくは近いので、発音が一緒になることもあるのが特徴です。

Ads

ㄷパッチム

歯茎の裏と舌の動きを意識する

ㄷは、ㄴなどと同じく「歯槽音」と呼ばれ、上の歯の裏側と舌の先端を使って発音します。

そのため、調音時には舌が歯茎に付いたり離れたりといった動作を繰り返します。

参考:ㄴパッチムの発音と練習

まずは「子音+母音」の組み合わせで声を出し、調音位置を体感してみましょう。

管理人-L

다다다다다

早くやる必要はありません。ゆっくり確実に行いましょう。

上の歯の裏と舌先が付いたり離れたりするので、その動きを意識してください。

ㄷをパッチムに入れて発音

調音の動きが確認できたら、さらにㄷをパッチムに入れて発音してみましょう。

なび-L

닫닫닫닫닫

パッチムは子音で音が終わるため、一度歯ぐきから離れた舌先が、再び歯茎に戻ります。

「タッ、タッ、タッ」と声を出していくと、舌が「下がっては上がる」という動きを繰り返すわけです。

ㄷ(ㅌ、ㄸ)パッチムの単語

舌の動きがわかったら、ㄷパッチムの単語で練習してみましょう。

管理人-R

받다(受ける)
묻다(たずねる)
같다(同じ)
듣다(聞く)
끝(終わり)

ㅌであっても、パッチムの発音は同じです。

どの単語でも、パッチムの時は舌が前歯の後ろについているはずです。

Ads

ㅅパッチム

摩擦音は空気の通り道を完全にはふさがない

ㅅも歯槽音なので、調音時の舌の動きは、ㄷと基本的に同じです。

「子音+母音」の組み合わせで声を出してみましょう。

管理人-L

사사사사사

声を出してみて、ㄷとの違いに気づいたでしょうか。

ㅅは歯槽音でも「摩擦音」といって、空気の出方がㄷとは違い、舌が完全に歯茎には触れません。

そのためㄷと比べて、擦れたような音になります。

ㅅはパッチムに入ると音が違う

調音の動きが確認したら、ㅅをパッチムに入れて発音してみましょう。

なび-R

삿삿삿삿삿

「サッ、サッ、サッ」と声を出していくと、はじめは舌が歯茎に触れなかったのが、パッチムの時にはしっかりと触れているのがわかるのではないかと思います。

ㄷと調音の位置が同じため、パッチムの発音はㄷになるというのを体感してください。

ㅅパッチムの単語

ㅅの調音の動きがわかったら、ㅅパッチムを含む単語で練習してみましょう。

管理人-L

옷(服)
빗(くし)
못(~できない)
굿(Good)

ㅅパッチムの舌の動きを、しっかり意識しながら発音しましょう。

Ads

ㅈパッチム

破擦音やや擦れたような音が特徴

ㅈは「硬口蓋音」といい、歯茎と喉の中間付近(口の中の上の部分)に舌が動くことによって発声します。

また、ㅈの空気の出方は「破擦音」といって、ㄷとㅅの中間のような音です。

一度しっかり閉じた空気の通り道を、ㅅのようにわずかに開きながら発声します。

なび-L

자자자자자

舌が離れる時はつかず離れずの距離をとるので、ㅈもまた擦れた感じの音になります。

ㅈは、ㄷやㅅよりも「舌の触れる位置」が若干後ろに来ます。

ㅈがパッチムに入ると

口の中の動きを確認したら、ㅈパッチムの調音を体感してみましょう。

管理人-R

잦잦잦잦잦

「ヂャッ、ヂャッ、ヂャッ」と声を出していくと、口蓋から離れた舌が、パッチムの時にはまた触れています。

しかし、ㄷと調音の位置が近いため、パッチムの発音もㄷになります。

ㅈ(ㅊ、ㅉ)パッチムの単語

ㅈパッチムの調音の動きがわかったら、ㅈパッチムを含む単語で練習をしてみましょう。

管理人-L

빛(光)
꽃(花)
빚(借金)

ㅊパッチムで、発音がㄷになる感覚をつかみ取っていきましょう。

舌の動きと空気の通り道の関係

「ㄷ、ㅅ、ㅈ」それぞれの発音を整理すると、次のようになります。


(閉鎖音)

(摩擦音)

(破擦音)
①舌が調音位置にしっかりと触れる
(空気の通り道が完全に塞がる)
①調音位置に舌が完全に触れない ①舌が調音位置にしっかりと触れる
(空気の通り道が完全に塞がる)
②舌が調音位置から完全に離れて発音 ②調音位置と舌はつかず離れずの距離を維持 ②調音位置と舌はつかず離れずの距離を維持

口の中の似たようなところで発音するも、声の出し方は違うので、結果的として別の音になります。

ㄷ、ㅅ、ㅈパッチムのポイント

ㄷ、ㅅ、ㅈパッチムのポイントは

「舌が前歯の裏付近を起点に上下を繰り返す」
「子音それぞれの調音の場所が似てるので、パッチムの発音が同じになる」

ㄷ、ㅅ、ㅈパッチムは、빗(櫛)、빛(光)、빚(借金)のように発音は同じでも全く違う意味のものもあります。

これらは、助詞との組み合わせや文脈から、意味を判断していくことになります。

余裕のある人はパッチムだけでなく、助詞を組み合わせた状態での発音もやってみましょう。