「これは絶対あの人じゃないと」 「この料理にはやっぱり、あれがないと」 こういった文に使える文法の一つに、-아/어야があります。 ~でこそ、~してこそという『必須条件』を表しますが、これがわかると会話にも幅が出てきます。