「こっちが塩で、そっちが砂糖です」 「お酢はこの瓶で、みりんはその瓶です」 「これと、それと、あれと…」 このような話の特徴は、後にいくらでも話が続いていくことです。 どんどん話を並べていくことから、並列あるいは列挙の表