「~です、~します」といった現在の話ができるようになったら、次は過去形です。 いわゆる「~でした、~しました」というような話をする時に使う表現ですね。 過去形が使えるようになると、表現できることが一気に広がります。