「元の位置に収まる」 「もとの状態に戻る」 「定位置に戻す」 こうした表現に使われるのが、제が付いた言葉です。 제には本来の姿や状態といったニュアンスが含まれ、これを使うことで様々な表現が可能になります。