日本語の「うまくやる」は、非常に便利な表現です。 なぜならこれ一つで複数のニュアンスを表現できるからです。 ところが韓国語になると、それぞれの意味に合わせた言葉を覚えておく必要があります。