【~しなければ、~しないと】強制力が変わる『-야 되다と-야 하다』の違いとは?

文法や応用

「~しなきゃ」を韓国語で表現する時、해야 하다と해야 되다を使うことができますが、これらは基本的に同じニュアンスの文法です。 ところが実際は、それぞれに「微妙に違うイメージ」を持っている人は多いです。 そこで今回は、これ

必須条件の「-아야/어야」って?『~じゃないと、~でこそ』の韓国語

文法や応用

「これは絶対あの人じゃないと」 「この料理にはやっぱり、あれがないと」 こういった文に使える文法の一つに、-아/어야があります。 ~でこそ、~してこそという『必須条件』を表しますが、これがわかると会話にも幅が出てきます。

ページの先頭へ