【-아/어 가지고】話し方が韓国人っぽくなる文法と使い方のパターン

文法

話し方が韓国人っぽい文法と題して「-아/어 가지고」の使い方やニュアンス、注意点などを解説していきます。 この文法は、外国人はあまり使わないような印象(個人的にそう思う)があります。 そのため、使いこなせればネイティブに一歩近づけるようになるかもしれません。

-아서/어서と-니까の『~だから、~ので』の使い方の違いを一刀両断!

文法

「-아서/어서」と「-니까」は、どちらも「~だから、~ので」といった表現に使う文法です。 ところが、ニュアンスが似ているために混同しやすく、どちらをどのように使えばよいのかわからない人も多いかと思います。 そこで今回は「-아서/어서」と「-니까」の違いを解説していきます。

To the top