「これやあれ」など、いくつかの候補や選択肢を表す時に使う表現といえば、-나です。 これらは文脈によってもニュアンスが変わることがありますが、どんな使い方をするのかを紹介していきます。 -나が苦手と感じている人は、ここで復