韓国語が話せるようになるための難関『中級の壁』を越えるには?

勉強法や対策

初級からコツコツと勉強を続けて、徐々にレベルアップしてきたものの、まだ話せない。 語学試験でもそれなりの点数が取れるようになってきたけど、ある程度自由に話せるかといえば、そうでもない。 中級者が話せるようになるために越えなければならない最後の難関。 それが「中級の壁」です。

韓国語初心者は何から始めればいい?まずは教科書で基礎を固めよう

勉強法や対策

話せるようになるためには、読み書きよりも「話すこと」に重点を置いて練習をすることが大事です。 しかし、ただやればいいというわけでもなく、その内容にも気を配っていく必要があります。 会話力をつけていくために「気をつけるべきこと」を押さえておきましょう。 基礎文法を身につけ、表現力を高めていくために必要なことは?

やってはいけない勉強法って?独学で学ぶ人が押さえるべきポイント

勉強法や対策

韓国語を学ぶ人の中でも「独学で勉強している人」の割合は高いと思います。 韓国語学院やスクールに通うための予算が限られている場合、自分で工夫して勉強していくしかありません。 そのため、みんな「自分に合った勉強法」を研究するわけですが、どのように勉強をしていくべきなのでしょうか。

留学しなくても語学力は身に付く?留学すると話せるようになるって本当?

勉強法や対策

語学力の高い人を見ると、つい「そうでない自分」と比較してしまうことはないでしょうか? あの人は留学したから、韓国語が上手なんだ… 彼女は韓国人の友達がたくさんいるけど、自分はそうじゃないから… だから、自分も留学すれば話せるようになるかもと考えている人も多いでしょう。 ところで、韓国に留学すると話せるようになるというのは本当なのでしょうか?

To the top