【틀리다と잘못하다】韓国語の『間違える』と『誤る』がややこしい?

ニュアンスや意味

틀리다と잘못하다などは「間違える、誤る」といった意味で使われますが、それぞれニュアンスは全く異なる言葉です。 そのため状況に合わせてこれらを使い分ける必要があるわけですが、その際どのような点に注意すればよいでしょうか。

韓国語の『違う』の使い分けと「틀리다、다르다、아니다」の違いは?

ニュアンスや意味

あるのものを比較して同じではない部分がある時に、よく「違う」と言いますが、韓国語で違うを意味する言葉としてよく使われるのが、틀리다/다르다/아니다です。 今回はこれらの使い方とニュアンスの違いを解説していきます。

ページの先頭へ