【처럼と같이の違い】比喩の表現で『~ように、~のような』を使い分ける

ニュアンスや意味

「泳いでいるように見える」 「あの人のようになりたい」 あるものを「他の何か」に例えることを比喩といいますが、韓国語で使う比喩の表現には처럼や같은などがあります。 今回は、韓国語の比喩の表現とその使い分けについて、話していきたいと思います。

「解決する、心配する、緊張する」は하다と되다でどう変わる?

ニュアンスや意味

해결하다と해결되다のように、韓国語には「하다と되다」で表現が分かれる単語があります。 その中でも特にややこしいのが「解決する、心配する、緊張する」の3つです。 今回は、これらの単語が하다と되다でどう変わるのかについて解説していきます。

「運動するのに」を韓国語で?-려고 하다と-느라고と-고자 하다の違いとは?

ニュアンスや意味

「ダイエットしようと思って」 「引っ越しするのに大変」 「~するのに、~しようと」の文章を韓国語で表現すると、-려고 하다、-느라고、-고자 하다の3つが出てきます。 当然ですが、これらは使い方やニュアンスが、すべて異なります。

【距離感でニュアンスを区別】4種類の『触るな、いじるな』を覚えよう

ニュアンスや意味

韓国語にも似た意味の言葉はたくさんありますが、これらの違いを理解しようとする時、つい語彙だけを頼りに区別しがちです。 その中の一つが、韓国語の「触る、いじる」です。 今回は「触る、いじる」を表わす4つの単語を、「語彙以外の視点」から解説したいと思います。

1 2 3

To the top