【처럼と같이の違い】韓国語の比喩の表現「~ように,~のような」を使い分ける

ニュアンスや意味

「泳いでいるように見える」 「あの人のようになりたい」 あるものを「他の何か」に例える時に使うのが比喩ですが、韓国語でよく使うのが처럼や같은などです。 今回は、韓国語の比喩の表現とその使い分けについて、話していきたいと思います。

【解決する、心配する、緊張する】하다と되다で変わる単語のニュアンス

ニュアンスや意味

해결하다と해결되다のように韓国語には「하다と되다」に表現が分かれる単語があります。 その中でも特にややこしいのが「解決する、心配する、緊張する」の3つです。 今回は、これらの単語が하다と되다でどう変わるのかについて解説していきます。

【女性らしい、男性っぽい】답다、스럽다、롭다のニュアンスの違い

ニュアンスや意味

「男らしい」 「子供っぽい」 「女性みたい」 こういった表現に使える文法に「-답다、-스럽다、-롭다」などがあります。 ところで、男性に「남자답다」はよくても「남자스럽다」は使いませんが、女性には「여성답다、여성스럽다」どちらもOKなのはなぜでしょうか。

【-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다】違いは『目に見えるかどうか』で判断しよう

文法

-ㄹ 수 있다と-ㄹ 줄 알다は、「~できる」という意味の文法です。 ところが、同じ「~できる」というニュアンスにも拘わらず、それぞれを入れ替えて使うことができる時と、できない時があります。 今回は、2つの文法の違いや使い分けについて解説していきます。

1 2

To the top